宗教に関する悩み相談も受付けております

宗教に関する悩み相談も受付けております

5月頃から始めた宗教に関するブログが30記事ほどになりましたので、ご参考になればと思います。整体くららでは、宗教に関する悩み相談も受付けております。

創価学会の家庭に生まれ、エホバの証人の家に嫁いで、今、宗教から離れて思うこと
https://seitai-kurara.com/archives/3705

二元思考(二元論)による宗教脱会後の罪悪感と空虚感
https://seitai-kurara.com/archives/3715

人は隠すものがあると持っているあらゆる力を失ってしまう
https://seitai-kurara.com/archives/3727

宗教、カルトに騙されやすい人
https://seitai-kurara.com/archives/3732

人はなぜ宗教にハマってしまうのか
https://seitai-kurara.com/archives/3736

エホバの証人の復活と平和という教理で足りない部分を埋めていた
https://seitai-kurara.com/archives/3761

いつも私のそばにあった宗教とは何か
https://seitai-kurara.com/archives/3782

エホバの証人と政治と秩序
https://seitai-kurara.com/archives/3796

宗教二世が組織から離れることができない理由
https://seitai-kurara.com/archives/3832

「生きていてごめんなさい」って思う方へ
https://seitai-kurara.com/archives/3797

エホバの証人とがん患者
https://seitai-kurara.com/archives/3887

教理をすべて信じていないのにやめなかった理由
https://seitai-kurara.com/archives/3909

宗教をやめたいと思った人の思考と行動
https://seitai-kurara.com/archives/3950

宗教の勧誘に大学生が狙われる理由
https://seitai-kurara.com/archives/3961

宗教脱退による内容証明は必要なのか
https://seitai-kurara.com/archives/3996

宗教にのめり込むのは誰のため?
https://seitai-kurara.com/archives/4077

家族が宗教をはじめたときに考えること
https://seitai-kurara.com/archives/4111

宗教で病気は治るのか
https://seitai-kurara.com/archives/4144

宗教人生から抜け出すことができたのはなぜか
https://seitai-kurara.com/archives/4132

カルトの定義
https://seitai-kurara.com/archives/4152

カルト宗教はあらゆる形態で潜んでいる
https://seitai-kurara.com/archives/4180

宗教にとどまる理由
https://seitai-kurara.com/archives/4195

布教活動を偽装する現代の宗教組織
https://seitai-kurara.com/archives/4205

自己啓発と宗教
https://seitai-kurara.com/archives/4215

宗教から逃れられない理由
https://seitai-kurara.com/archives/4237

九穴の糞袋、人間一生糞袋
https://seitai-kurara.com/archives/4275

色情因縁は私たちの人生に影響があるのか
https://seitai-kurara.com/archives/4283

エホバの証人をやめた理由
https://seitai-kurara.com/archives/4327

宗教で騙されカモられる理由
https://seitai-kurara.com/archives/4332

死に向き合った一休さんのことば
https://seitai-kurara.com/archives/4338

死に向き合った一休さんのことば

死に向き合った一休さんのことば

みなさんがよく知っておられる一休さんこと、「一休宗純」
一休宗純/Wikipedia

一人の信者から、家宝にしたいから「めでたい」ことばを書いてほしいと頼まれ、このように書いたそうです。

「親死 子死 孫死」

「死」ということばが並んでいたため、信者はかんかんに怒りました。しかし、一休宗純は、「孫死 子死 親死」のほうがめでたいのかと返答されました。

人の視点というのはそれぞれ違っていて、見る角度、とらえる角度が変わると、結果や答えも変化します。

現代では、「親死 子死 孫死」というように、老いた人から順番どおりに亡くなっていくことは難しい時代となりました。また、昔も小さな子どもたちのほうが病気にかかりやすく、亡くなる確率も高かったでしょう。若者の死がないということは喜ばしいことであり、上の世代から順番に亡くなっていくことは自然で、人として死を受け入れやすいことだと思います。ですから、「親死 子死 孫死」というのはめでたいことだというのが、一休宗純の教えです。

死について向き合い、語っておられ、人が嫌うことばをあえて伝えるというのは勇気がいることかもしれません。

それでも、忌み嫌われるようなことばでも、人々に考えさせることばを伝える人になれたらいいなと思いました。そして、死についてあまり語られない現代ですが、人には必ず「死」は訪れます。生があれば死もある。死は誰もが経験することです。

だからこそ、本当は話し合ったり、話題にしたりと、考える機会があったほうがいいように思います。そして、そういう事柄を、子どもたちと話し合う時間が持てる社会になればと思います。

宗教で騙されカモられる理由

宗教で騙されカモられる理由

金銭トラブルなどがあり、裁判による判決や教祖が逮捕されたとしても、形を変えて信者はセミナーなどを開催して、同じように霊感商法を続けている宗教組織は存在しています。

宗教組織からいえば、お金になるから存在し続けるわけですが、では、被害者の立場から考えると、なぜ、今も被害者は存在するのでしょうか。多くのかたは被害にあって、報道もされているのに、怪しそうな団体に近寄るのでしょうか。

宗教組織に近づくときは、必ず悩みを持っているのではないでしょうか。現実問題に限らず、過去の家系の問題を引きずっておられるのではないでしょうか。自覚もできていない罪悪感が原因で、宗教など見えない力にすがってしまうのかもしれません。

みなさん、解決したい問題があるのだと思います。

宗教に属していても、何か物を買ったとしても、持っている問題は解決されないことのほうが多いと私は思います。実際、私も宗教に属していても、人生の中で抱えていた問題は解決されず、うつ病もよくもならず、むしろ悪化していくばかりでした。

物を勧められてお金の請求が高い場合は特に、霊感商法ではないかと疑うことが大事であり、家族が巻き込まれるような状況であれば、持っている悩みが何かを考えることもできます。悩みをいえないから、いいたくないから、見えない力にすがってしまうときもありますし、単純に家族を困らせたいから、あえて霊感商法や宗教に関与してしまうのかもしれません。かまって欲しくてそうしているのかもしれません。自覚できていない事柄が理由で人は人生の選択をしている場合もあります。

何かしら理由は必ずありますので、家族や知人など周りのかたは、その理由を探してみることはできると思います。当事者の原因だと決めつけるのではなく、自分自身がそうさせているという視点で考えると、また別の理由は見つかってきますので、自分視点で物事をとらえて考えることをおすすめします。

エホバの証人をやめた理由

エホバの証人をやめた理由

21歳に嫁ぎ先の家族がエホバの証人でしたので、すぐに聖書研究がはじまり、数年後にバプテスマを受けました。そして、エホバの証人となりました。その時も、その後も、エホバの証人をやめようとは一度も考えていませんでした。宗教はどこか面倒でつまらないと思っていたのに続けていました。

聖書を勉強して約20年後、子どもが家出をしました。宗教も、宗教の教理を押し付けてくる親にもうんざりして、家を出てしまったのです。突然いなくなってしまいました。

それから、どうしてこうなってしまったのか、よいと思っていた教理を教えていたのに、どうしてその教えのために、残念な結果になってしまったのかなど、今まで考えもしなかったことを考え始めました。そもそもの理由を考え始めました。

そもそも、宗教はあまり好きではなく、教えで生き方を拘束されるのも好きではなく、自由に生きていたいというのが私という人間でした。ルールがとても苦痛だったのです。その苦痛を子どもにも与えていたことにやっと気づきました。本当に気づくのが遅すぎました。

そういうところにも気づきたくなかったんだと思います。気づいてしまうと家庭内に波風が立ってしまうため、気づかないようにしていました。見たくない現実があり、都合のよい現実を自ら作り出していました。

子どもが家出をして、その理由を考えて、自分にとってエホバの証人の教えとは何なのかと考え、それでも、やめようという選択は持てませんでした。

「もうやめたい」

そういったのは、夫のほうでした。夫の家庭にそもそもエホバの証人の家族がいたのに、そのつながりを切ったのは夫でした。きっと夫がその答えを出さなかったら、私はズルズルとエホバの証人を続けていたと思います。そう考えるとそれも残念で仕方ありません。自分で答えを出す勇気を持てなかったからです。

子どもの家出と、その家出によるその後の夫の決断が、エホバの証人をやめるきっかけとなりました。

エホバの証人や、他の宗教に属していて、やめたいと思っているかたは沢山おられると思います。宗教二世、三世の子どもたちは、特にそう思っているのではないでしょうか。

でも、私のようにやめる勇気が持てないかたのほうが多いと思います。

どうか、自分自身の本当の気持ちを隠さずに、親でも家族でもなく、自分の気持ちや感情を一番大事にして欲しい。誰かをがっかりさせる結果になったとしても、自分の人生は、誰かの人生であってはいけないと思います。今生きている人生はあなたのものです。

宗教をやっていることで、どこかつらい思いをしていたり、苦しく感じているのなら、尚更、誰かの決定に従い生きるのではなく、自分で納得のいく選択をしていただけたらいいなと思います。