二元思考(二元論)による宗教脱会後の罪悪感と空虚感

二元思考(二元論)による宗教脱会後の罪悪感と空虚感

最近、ある宗教の二世の子の書籍を読みました。その中には、「集会にはもういかない」と親に伝えたことや、その組織から離れ、親に嫌われることをしてしまう様子が描かれていました。教えに反することや親に嫌われる行動を取ることで、宗教から完全に離れようとしていました。

しかし、最後の一文には「虚しい」と、そう書かれていました。

小さな頃から宗教の教えに触れ、受容していたので、裏切ることは少なからず罪悪感を持つのかもしれません。そして反発して、教えに反する行動を取ったものの、現状は変わらず、教えが全身にインプットされているので、罪悪感はもっと募っていくのでしょう。

これは二元思考(二元論)が関係しています。

教理が「善」
自分自身、不完全な人間が「悪」

こう教えられるのが宗教です。ですから、常に自分自身が「悪」になっているため、罪悪感はいつも抱えており、それは、人によって強弱があるように思えます。

私も0歳から創価学会でしたので、何かしらの教理を教えられてきたと思います。でも、ほとんど覚えていません。覚えているのは平和が掲げられていたことくらいです。だから、その平和から少しでも逸脱すると「罪悪感」が出てきてしまうのだと思います。

そして、宗教二世の子どもたちもそうなのだと思います。個人差はあると思いますが、罪悪感を持っている二世の子たちは多いと聞いています。自分自身が「悪」ととらえているのです。

私もいつの頃からか幸せになってはいけないなど「罪悪感」を強く持つようになりました。一つの理由は、父親が亡くなったことによるものだと精神分析をして認識できましたが、宗教による「二元思考」が影響していることには最近、自覚できました。

きっとこの著者も私と同じような感覚なのではないかと思います。そして、私の場合は、同じことを実の子どもにもしてきてしまったと、後悔の毎日です。子どもが苦しんでいなければと思いますが、人の心は表面には出ないので、見えないところで苦しんでいるのかもしれません。親として謝り、こうして綴って思いなど残しておくことしかできません。

宗教二世の子どもたちがもし、このブログにたどり着いたのなら、自分自身を「悪」にしていないか考えてもらえたらと思います。そして、「悪」にしている根本の理由を探し出していってほしいなと思います。

私も学生の頃から罪悪感を持って生きていました。結婚してそれは強く出るようになり、うつ病、自殺未遂など経験してきました。常に傷つけている状態でした。

その理由が、宗教の教え、幼少の環境、生き方考え方、アダルトチルドレン像、そして、自分自身では認識も自覚もできていない、家の伝承でした。もっと理由はあるのかもしれません。

自己に向き合うことはとても苦しい作業ですが、一番、重要視していただきたいのが、「周りのせいにしない」ということです。被害者意識を持ってしまうと、善と悪でしか考えることができず、自分自身を善とし、正しくしてしまいます。(悪にする必要もありません。)すべては自分で選択してきたのに。私もエホバの証人の家に嫁ぎ、うつ病になり、精神科に行き、精神薬を服用し、ひきこもり、人との関係を遮断し、自殺未遂に至った事柄は、どれも誰かにそうされたのではなく、自分自身で選んできたことです。誰にも文句はいえない。

ぜひ、被害者意識を持たずに自己に向き合っていただけましたら、このブログ記事にも意味があるのだと思います。

参考書籍

善と悪は表裏一体

善と悪は表裏一体

ある兄弟がいて、兄が下の兄弟をいじめていたとします。そのいじめの主な原因は、いつもそばにいた大好きなおばあちゃんを、下の兄弟に取られてしまったことでした。

ある日、兄はおばあちゃんと大げんかをして、それからはおばあちゃんとはほとんど口を聞かなくなり、兄弟、家族にも距離を取るようになりました。

これだけの情報では、いじめた兄が「悪い」ととらえられてしまいますが、裏を返すと、下の兄弟に大好きなおばあちゃんという存在をあげたことにもなります。そうするためにけんかをしたと、とらえることもできます。

実は下の兄弟を思っての行動だったとも解釈ができるのです。素直な行動が取れなかったのだと思います。そして、おばあちゃんを取られてしまったから、その悲しさが強く出て、いじめに発展してしまったと思います。本当は自らの行動だったのに。優しさも隠れているのに。

子どもは両親がけんかをしていると、なんとか平和を保とうとして異常な行動をしてしまうこともあります。外で友だちとけんかをして騒ぎを起こしたり、物を盗んだり、病気になって家庭内を忙しくさせたりなど。普通のとらえ方でしたら「困らせている子」といわれてしまいますが、実は両親の不仲を良くするためにあえて自分自身を「悪」にしてしまいます。子どもは大人や親よりもとても賢く、周りをよくみています。そして一生懸命、自分の持っている100%の力を発揮して、全力でその不仲に対処しようとしています。問題を解決しようとしているのです。

善と悪は表裏一体。

まさに、これらの例はそういえるのではないでしょうか。

もしかしたら、しかし、もしかしたらではなく確実に、子どもの異常と思える行動には、意味があってそうなっています。それを、「症状」「病気」ととらえ、精神の異常ととらえ、発達障害や精神の障害と病名のようなものをつけ、向精神薬を飲ませているのが現代です。本当に悲しいことだと思います。子どもたちのこころを読み取れない大人ばかりになってしまいました。そして、私もそうでした。この内海式精神分析を学んで、以前よりは、子どもの本当の声のようなものがわかるようになりましたが、まだ、親としても大人としても、人間としても未熟です。

どうか、これ以上、子どもたちが薬や無駄な医療で苦しまない社会になればと思います。そうしなければ、この国は本当に、確実に、復活のない亡国となります。

社会でもからだでも負荷をかけないと立て直せない

社会でもからだでも負荷をかけないと立て直せない

向精神薬の断薬時には、いろいろな症状が出てきました。特に記憶に残っているのは、からだ全体の震えと呼吸の苦しさ。

抗うつ剤を服用していた時は、仕事をしていた時間もほんの僅かでした。しかし、断薬を始めてから家族が亡くなり、どうしても動かなくてはいけない状況でした。休んでいようと思えばわがままを言って休めたのかもしれませんが、私も早く社会復帰したかったこともあり、かなり負荷をかけていたと思います。マラソン選手が標高の高い場所でトレーニングをするようなイメージでしょうか。筋トレのイメージもわかりやすいと思います。

その負荷がかかったことがよかったのか、禁断症状は出ていながらも外に出たり、人に会うこともできていました。ほぼ引きこもりのような生活でしたが、生活は逆転するような状態でした。3ヶ月ですべての精神薬を断薬できたのも、からだが早くに立て直せたのも、この負荷がかかったことがよかったと実感しています。

今、日本はとても悪い状況ですが、国を立て直す時もこの「負荷」は必要だと思います。少しずつでは決して良くはならない。

無理をしてでも政治に訴えていくべきであり、人を集めて多数派になっていくべきです。その力が国民にないからこそ、もうすぐこの国は滅んでしまうのだと思います。現状は、何をやってももう無駄だと感じてしまうほどです。

断薬時でも、病気治しでも、子どもの病気治しでも、どれだけ大人や親が必死で取り組むかが鍵となります。そういう必死さが持てる人が増えたら、この国も良くなっていくと思います。国を良くするのは政治家だと人任せにしなければ良くなります。病気大国である日本から病気は今より少なくなっていきます。

薬害がなくならない理由は、私には関係がないという「無関心」

薬害がなくならない理由は、私には関係がないという「無関心」

この日本という国から薬害がなくならない一つの理由は、私には関係がないという「無関心」です。

ワクチンや向精神薬による薬害は多くの方が経験されていますし、国があげた数字は氷山の一角です。そして、薬害だけではなく、虐待、子どもたちが児童相談所に連れ去られてしまう問題、人身売買、売春、そして、性的被害。どれも身近では声はあがらず、ですから多くの方にとっては他人事です。実際に私は被害届も出すことすらなく、性的被害にあっていたことにも大人になるまでわかりませんでした。初めて話した時にはすでに大人であり、被害を受けた人はもっと多く、表に出ている被害件数は氷山の一角です。

もうすぐ、これらの事柄は、この国では顕在化してくるのではと思います。経済も低迷し、移民問題もあり、物価も上昇、消費税もあがり、生活困窮者も増え、病気も増え、貧困も増え、結果、今よりも治安は悪くなってきます。

政治は改憲へと進んでいます。独裁国家になってしまうような勢いです。そうしたら国民には自由はありません。

今はまだ自由に身動きがとれます。現実でもネットでも自由に発言ができています。その自由な間に、薬害にあったことを伝えていかなければいけないと思います。私が飲んでいた向精神薬は抗うつ剤は、効かないどころか危険であると、実際に経験した人こそ声をあげていかなければいけないと思い伝えています。そして性被害も同じく。

声が大きくなれば「無関心」ではいられなくなります。身近で起きていることなら尚更リアルに感じて、他人事にはならないと思います。我が子にも危険が及ぶのではないかという危機感を持つと思います。

2025年には、日本は滅びると予想されています。それよりも早まるのかもしれません。そういう危機的状況だということを多くの方に知っていただき、この国を守るために子どもたちを守るために、考え行動できる方が増えいってほしいなと思います。