整体くららが大切にしていること

整体くららが大事にしていること

1 身も心もゆるむことで体の本来の働きを取り戻します

自律神経が不調に陥る最大の直接原因は、筋肉の慢性疲労と過緊張です。
ストレスによる過緊張が多い現代社会です。
まずは、身体の緊張を解きほぐし、ゆるむことで本来の体に戻します。
身体の自在性を高めます。

さらに、筋肉の慢性疲労と過緊張を招く間接原因が存在しますが、それは大きく次の4つに分類できます。

  1 肉体的原因
  2 精神的原因
  3 環境的原因
  4 遺伝的原因

直接原因を解除し、間接原因を探り、できるものから絶つこと。
それが自律神経の不調を根治させる唯一の道だと、私は考えております。
 

2 心身一如

痛みや不快な症状だけを見ません。

「心身一如」 もしくは 「身心一如」

これは、「心と体はひとつである」と言う意味です。

現代社会は、様々な問題が多くあり、たくさんの方がストレスを抱えています。
そして、そのストレスとなる悩みを誰にも打ち明けず、相談できず、自分の中で解決しようとしています。
また、原因となる悩み(問題)があるのに、それを直視するのが怖くて向き合うことなく、症状を抑えようとお医者さま任せで、薬で解決しようとします。
私がまさにそうでした。

症状は身体からのメッセージです。
素直にメッセージを受け取り、想いから、心から、自分の思考パターンから変えていけば、自ずと身体の叫びは小さくなっていくと思います。

あなたは、今、自分の思うように生きていますか。
自分の感情に素直に生きてください。
 

3 原因と結果の法則

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、過呼吸、不眠、全身疲労、倦怠感、パニック発作、うつなど、原因不明のさまざまな不快症状で、生活や仕事に支障が出るほど苦しむ人が増えています。
家事、育児、仕事、学業を思うようにできない、取り組めないことは、本当につらいことです。
つらいうえ、内科、耳鼻科、整形外科、脳神経外科、神経内科など、さまざまな診療科で検査をしても、ほとんどの場合、異常が発見されません。
その結果、「原因不明」、「精神的なもの」とされ、心療内科や精神科を受診し、複数の向精神薬を処方され、さらに症状を悪化させている人も少なくありません。
これも、まさに私が経験したことです。

「原因と結果の法則」

この言葉を知っているでしょうか。
私も不快な症状が出た時に、この言葉を知っていたら、10年もうつ病を患わずにすんだのかもしれません。
病気、痛み、不快な症状はすべて「結果」です。従って、これらを生じさせる「原因」があります。「結果」ばかり重要視するのではなく、「原因」にこそ目を向けるべきなのです。
 

お気軽にご相談ください

自分の症状は、整体で本当によくなるのだろうか?
そんな疑問や不安をお持ちの方は、まずはお気軽にご相談ください。
お電話をいただいても結構ですが、施術中でゆっくり時間が取れない場合がほとんどです。
なので、できましたら「お問い合わせフォーム」をご利用ください。
お悩みのこと、お困りのこと、一人で抱え込まず、どうぞ整体くららにお話しください。
精読をさせていただき、必ずお返事を差し上げます。