起立性調節障害

お子さまの起立性調節障害でお悩みの方へ

起立性調節障害(OD)とは、成長期から思春期のお子さまに多い疾患です。
最近は起立性調節障害専門の外来もあるそうです。

整体くららの起立性調節障害についての考察

調べると起立性調節障害も多くの症状があります。その症状はどうして出てきてしまったのでしょうか?
頭痛や便秘など特に不快な症状は早く消したいと思いますが、症状(結果)は身体からのメッセージでもあります。
やはり「原因」に向き合わなければなりません。症状が出てきてしまった時に、何か環境などに変化はありませんでしたか?

何かがストレスになってしまい、身体が緊張状態なのかもしれません。何か相談がしたいのに、うまく言葉で表現できず、症状で訴えているのかもしれません。

子どもは医療や治療、薬の選択は、自分では判断ができないのではないでしょうか。大人である養育者や医師に頼るしかありません。

もし、的外れな治療を受けたり、根拠のない投薬をされたりして、症状が悪化してしまったら、未来ある子どもたちの将来が、違うものに変わってしまうかもしれません。
1つの薬で望んでいた道、思い描いていた夢を変えざるを得なくなってしまうかもしれません。
実際、ワクチン薬害による被害者の若者は、1回のワクチン接種で人生が大きく変わってしまっているのが現状です。
子どもたちの将来が、幸多きものとなるよう手引き者として、私たち大人がしっかりと選択していかないと、とんでもないことになってしまいます。

私が通っている整体塾の師匠であられる西田先生の心身楽々堂では、起立性調節障害のお子さまが多く来院されているそうです。

西田先生の見解と対策についてまとめられた動画がありますので、ぜひ、見ていただけたらと思います。