お知らせです

お知らせです

久しぶりになってしまいました。
忙しい日々を過ごしていたのですが、それでも、思うように動けることはとても有り難いと思います。うつの時は自分が望むことができず、頭が働かず、考えることはいつもマイナスのこと、ネガティブなことでした。死がいつも目の前にありました。だから、単純に動けるということは嬉しいことです。人間も動物なのだから動いて当たり前なのですが。

お知らせがあります。

SNSで投稿した文章をまずはこのブログに貼りたいと思います。

——————————————————————–

これほど沢山の治療家はいたのだろうか。セラピストやカウンセラーはいたのだろうか。 

私の鬱が治ったのは紛れもなく内海医師のFacebookがきっかけでしたが、きっかけであり、治したのは自分自身だと思っています。医者でも整体師でもカウンセラーでも、宗教でも、何でもよかったんだと思う。過去に向き合い、闇に向き合い出せば何でもいい。 

しかし、浅い向き合い方をしている人のほうが圧倒的に多いのも事実。向き合い出したのに逃げてしまう。それを助長させているのが治療家やセラピスト。 

満たされていないものをクライアントに転写または代償行為として優しくする、助けている治療家がほとんど。全てなのかもしれない。だからまた患者はやってくる。引き寄せているのは治療家でありセラピストだ。 

この世界に治療家、セラピスト、カウンセラーがいる限り、患者はいなくはならない。治らない。治したくないと言ったほうがいい。 

だから今、とても葛藤している自分がいる。私がやめれば患者は一人はいなくなるのかもしれないから。 

——————————————————————–

整体くららも仮開業してから三年経ちました。本業を持っていましたので、接したクライアントは少ないですが、私が治したい、助けたいと思えば治りたい、助けて欲しいという方が目の前に現れます。私は治す世界からは遠ざかりたいと思います。それは、私が見たいだけの世界になってしまうからです。

精神分析法を活用してクライアントに接してきましたが、症状には必ず意味があり、その症状が残っていることにも意味があるのです。このブログでも何度も出てきますが、病者には「疾病利益」があります。利益があるのですから、治りたいと口にしていても治りたくない人がいます。そして、その人の数はとても多いです。私もそうでしたから10年間もうつは治りませんでした。その「疾病利益」を知ってからもう手放したいと思い、向精神薬を断薬しました。うつは治りました。

治りたくない人の症状を取ってしまうことは「罪」なのかもしれません。その症状により自分自身を守っているからです。

治す世界ではなく、これからは、自分自身を知ってみませんか、どうしてその状態なのか知ってみませんかと、そういう仕事をしていきたいと思います。

ですから、まずは施術は初回は受け付けないことにしました。対症療法になりますし、施術で治してもらおうという姿勢は薬で治してもらおうという形と変わらないからです。

私のうつが治り、自身の問題に向き合った時に行ったことは、「自分自身とは何者なのか」を知ることから始めました。自分を知らなければ何も変えようがないからです。周りを変えることはできませんが、自分自身を変えることはできます。生き方や考え方を変えることはできます。何を選択するのかを変えることもできるのです。それには自分自身を知らなければ何も前に進めないのです。

子育てで悩みがある。
どう子育てしたらいいかわからない。
上手く子どもを愛せない。
どうして学校でいじめられるのか知りたい。
学校で孤立してしまう。

など。

これからは、子どもたちの笑顔を増やしていくための仕事をしていきたいと思います。

子どもたちには素直に笑ってほしい。素直に怒ったり悲しんだりして、感情を隠さなくていいんだよと、誰かの人生の中を生きなくていいということを伝えたい。

自分らくし生きたい、自分のことを知りたいという学生の方やお母さん方などに来ていただけたらと思っています。

星占い、手相、数秘などを用いてあなたがどんな人として生まれたのか、どんなズレが生じているのか、家庭内や学校、職場で、何を演じているのかなど。少しの占いでたくさんの「自分」を知ることができます。

何を選択するかは自由です。
どんな生き方をするのも自由です。
嫌なことは嫌というのも自由なのです。

あなたがあなたらしく、自分の納得のいく選択ができるよう、何かを考えるきっかけになる占い相談になりましたら幸いです。

料金は、1時間3,000円とします。

カウンセリング、内海式精神構造分析は引き続き初回でも対応していますし、施術に関しても、自己に向き合おうとされている方には対応しますので、メールにてご連絡ください。まずは気楽に占いで自分自身を知ることから初めていただけたら嬉しいです。

単純に、自分自身のことを知りたい!という方にこのブログが届きますように。

認定セラピストとして夫婦で活動しています

認定セラピストとして夫婦で活動しています

少し忙しくしており、ブログがお久しぶりになってしまいました。

整体くららに来られた方は、精神疾患の方が多いです。そして、私がいつもいうことは、「精神の問題は自己の精神に向き合うしかない」と伝えています。すべての患者の共通点は、問題があってその困った症状が出てきたという点です。問題に直視できず、過去の問題、生き方、考え方、現実の問題に向き合わずして、何も変化は訪れません。

まずは、この土台がなければ前に進めることができないので、推奨している書籍を読んで欲しいのです。
推奨している書籍はこちら

精神の問題は精神でしか解決されません。当たり前のことであり、薬では何も、根本解決できません。状態をややこしくするだけです。向精神薬を服用し続ければ困った状態になるだけです。そうではないでしょうか。向精神薬を飲み出した方で治った方を見たことはないです。むしろ、状態は悪化したり、治らずずっと薬を飲み続けています。これが精神科の闇であり、現実なのです。

このたび、NPO法人薬害研究センター内海式根本療法認定セラピストを合格し、夫婦で認定セラピストとして活動をはじめました。
認定セラピスト一覧

夫は一期生で私は二期生です。真剣に自己に向き合いたいと思われる方に、私たち夫婦も向き合い、相談に対応させていただいております。

精神疾患だけではなく、病気全般でいえることは、その状態を作り出しているのが本人自身であるということ、そのことを理解できるようお話させていただいています。

多忙のためご迷惑をおかけしております

多忙のためご迷惑をおかけしております

最近、仕事や行事が重なりクライアント対応ができない状態です。

11月16日(月)〜26日(木)まで予約不可となりますので、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

今日、ご紹介するは、銀座の誠敬会クリニック院長の吉野敏明医師の動画です。

吉野医師は、東洋医術の家系で育ち、東洋医学思想をとても大事にしておられます。そして、原因除去療法には東洋医学が強く、未病治療=東洋医学といわれています。

そして動画の中では、がんを克服した人は、自分の性格を変えてでもがんを治したい強い意志を持っていて、そういう人が奇跡の生還をし、逆に医者に治してもらいたいと思っている人は、軽度のがんでも死ぬと、事例も含めた話しをしてくださっています。

私も起業して2年ほど経ちますが、多くの方は病気や症状を他人任せで、自分で治そうとはしていません。むしろその病気や症状を使って、自分の奥底にある目標を達成しています。

今、何かの症状で苦しい思いをされているのなら、生き方や行動や食べ方を変える必要は100%です。今までの食べ物や生き方が今の状態だからです。あなたが変えたいという意志がなければ、他者がどう頑張っても無理であり、だから人任せにせず、あなたにも病気や症状を変えていく努力をしてほしいのです。そのためにサポートしているのが整体くららです。

子育て本の紹介

子育て本の紹介

育児本はたくさんありますが、私がおすすめしている子育て理論は、真弓定夫先生と久徳重盛先生です。今日は、久徳先生の「ドクター久徳の子育て勉強会」という書籍の一文を紹介したいと思います。

この本の最初にはこう書かれていました。

かつて日本は世界でも有数の子育て上手な国でした。少なくとも昭和20(1945)年までは、世界一子育ての上手な国であったといっても過言ではありません。当時、外国人がベビーシッターを雇うときに、「日本の娘を選べば間違いない」と評判になるほど、日本人の子育てのうまさには定評がありました。
ところが、いまでは日本は世界でも最も子育ての下手な国の一つになってしまいました。昔ではとても考えられないような育児の失敗をする親が急激にふえています。

そして、この子育てがどうして上手くいかなくなってしまったのか、その理由についてもいくつか述べられていました。

1番の理由は、「経済が成長し、豊かで便利になりすぎたこと」と書かれていました。私も同意見です。あまりにも豊かで便利すぎる社会になってしまいました。

豊かすぎるとどうして子育てが上手くいかないのか、それは、動物的、生物的本能が働かなくなるからです。貧しいと、どうやって子どもにおなかいっぱいに食べさせるかということに一生懸命になります。でも、食べ物も豊かですし、昔ほど子どもの死亡率も高くありません。そうすると協力し合うことや(集団維持)、子どもを大切に育てることや(種族維持)、たくましく育てることが(個体維持)おろそかになります。これら動物的本能(集団維持、種族維持、個体維持)が働くと、子どもがうまく育つ環境が自然につくりあげられます。

これは私の意見ですが、便利すぎると、子育ては「適当」になってしまうのかもしれません。子どもに必死で向き合わない。コミュニケーションも上手く取れず、その環境で育った子どもたちはコミュニケーションが下手になっていく。

核家族によってお母さん一人の子育ても多いのではないでしょうか。誰しも初めの子育ては下手です。そこをカバーできる、サポートできるのがご近所づきあいだったり、子育てが終わった親の経験談です。

この社会、日本を元気にしていく、これからの子どもたちの笑顔を増やしていく、子どもたちに明るい未来を残してあげられるのは、私たち大人の役目でもあります。そのためにも、まずは子育てのお母さん、お父さんが元気であってほしいと思います。

整体くららでは、子育てシェア会を定期的におこなっていこうと思います。一緒に子育てについてお話ししませんか?

次回は、10月1日(木曜日)13時から子育てシェア会を計画しました。(無料です。)堅苦しい話はせず、それぞれの子育てのお話しや、悩みなど話せる場になればと思っています。メールやLINEでお申し込み受付していますので、ぜひ、参加してみてくださいね。

こちらからお申し込みお願いいたします。
子育てシェア会に参加希望ですとメッセージください。
(よろしければ、ご住所も入力お願いいたします。)

ラインからのお申込みもOKです。
子育てシェア会に参加希望ですとメッセージください。
(お名前、ご住所、電話番号の入力をお願いいたします。)

友だち追加