病気や問題解決で1番にやるべきこと

病気や問題解決で1番にやるべきこと

うつや不眠やパニックなどの精神疾患や、ガンや難病、そして家庭内、夫婦、子ども、恋愛などあらゆる問題を解決したいと望むのなら、その問題に向き合う作業と自分自身に向き合う作業をしなければいけません。この向き合う作業がとても大事なのです。

10年間、それ以上の年数、私は向き合う作業をせずに、それがとても怖くて、無理で、だから精神薬を使って無感覚にしてきたともいえます。精神薬とはそういう薬です。思考を停止させる薬なのです。服用されている方でしたらその感覚はあると思います。向精神薬を服用している時は、料理のレシピも考えることが難しく、買い物すらまともにできず、お店に入っても何を買っていいのかさえわからずに、フリーズするのが常でした。

自分自身に向き合う作業はとても苦しいので、多くの方はそれを避けるのだと思います。そして、精神薬を飲むほうがとても簡単なのです。苦しい症状、状態ですが、楽なほうを選択しているのです。

うつや不眠、パニックと、精神疾患の問題から抜け出すには、困難が待ち受けています。だから周りや家族が薬をやめるように手引きすることはおすすめしません。本人が本当の意味で病気と薬を「やめたい」と思わないかぎり何もしてはいけないのです。

当事者が能動的に動きだし、苦しくても精神医療や、薬や、社会構図を調べ、そして自分自身に向き合わなければ何も解決への道には進まないのです。

優しさや愛では何も解決しないのです。

整体くららでは、自分自身と問題に向き合うための初歩として、内海式精神分析を必ずします。精神の問題は薬では解決されず、優しさではぬるいところに逃げるだけで、だから自分の精神次第なのです。心の病に薬も医療もいらないのです。

精神疾患で悩んでおられる方へ

精神疾患で悩んでおられる方へ

整体くららでは、うつや不眠、パニックや躁うつ、発達障害といわれて様々な症状で悩んでおられる方には、基本、内海聡医師から学んだ、内海式精神構造分析を受けていただいております。

必ず精神疾患があらわれた時には、何かしらの悩みや問題があったと思われます。
お子さんの発達障害などは、父母の関係性が影響していますので、お子さんの精神分析よりも父母の精神分析をしています。

自分や問題に向き合わないと、なかなか向精神薬をやめることはできず、もし薬を服用されていなくても、何かに逃げたり、依存していくモデルになってしまうので、精神分析により自己に向き合ってもらいます。それが、整体くららの手法です。

整体、腸もみでも対応もさせていただいております。病気や症状に対する手法は、基本、精神分析法がメインです。

どういうものかは直接でないとお伝えしにくい点もありますので、ご連絡いただければと思います。

詳細はこちらをどうぞ。

整体くららカウンセリング

私とトラウマ

私とトラウマ

3年前に購入した本

ずっと読めずに本棚の奥の方にしまっていました。私のトラウマ、こころの傷に大きく関係していたからです。

小学生の出来事でしたし、何年も被害を受けていたわけでもなく、出来事としては決して小さいものではありませんが文字にしてみようと思い、今日綴りました。

ずっとこの本が読めなかったのは、やっぱり自分のこころと向き合うのが怖かったからです。現実と向き合うのが怖かったからです。何が出てくるのか全く検討がつきませんでした。

2014年に向精神薬を断薬し、うつなどの薬はやめれましたが、こころは前に進んでいませんでした。苦しい3年間でした。

2017年にやっとカウンセリングや精神分析をしていただいて、こころは楽になりました。どうして楽になったかというと、自分の事がわかってきたからです。どうしてうつになったのか、どうして10年間もうつだったのか、どうして様々な症状が出てきたのか、どうして子育てが難しく思えたのか、などなど。そして、この中に「どうして性被害を受けてしまったのか」その理由もわかったからです。

性被害を受けた時、私たち被害者は当たり前ですが「被害者」です。でも、私は被害者だとしてもずっと被害者のままではいけないんだと思います。それは性被害に限らず。目の前で起きていることには必ず理由があるからです。うつになった理由もあったように。被害者でもあるが、それと同時に自分が作り出したものでもある。(被害者が悪いということでもありません。善悪ではなく、この出来事が起きても仕方がないというとらえ方です。)受け入れがたいことですが、私は受け入れることにしました。早く前に進みたかったからです。もう残りの人生、病気で身動きがとれないような生活はしたくなかったからです。自由でいたかったからです。自分の正直な気持ちを大事にしたかったからです。誰かに合わせる人生はもう疲れたからです。

自分のこころと向き合うことはとてもつらいことでもあります。それでも、私は小学生からいろいろなことを隠して隠して、隠してそこに重い蓋をしてきてしまいました。それを30年ほど続けてきてしまいました。もうその蓋を外して楽になりたかったんだと思います。自分のこころと向き合うほうが私にとっては病気でいるよりも楽な選択だったのです。

一つ伝えておきたいことは、性被害の経験が「うつ」を作り出したわけではありません。直接的な理由ではないのです。(直接関係していたらもっと早くにうつになっているからです。)それは精神分析でわかりました。自分なりの答えを自分で見つけることができました。

この本がどんな感じに書かれているのかはまだわかりません。もしかしたら、閉じてしまうかもしれません。それでもまずはこの本を目の前に置いても大丈夫な自分になれたことと、こうして自分のトラウマを綴れることができたことは、私にとってはとても大きな一歩だと思います。同じような経験をされた方の一歩になればと思い記事にしました。そしてまた、気が向いた時に綴りたいと思います。

手からこどものこころを知る

手からこどものこころを知る

ただ今、カウンセリング向上のため、寺島みさお先生の「こどもカウンセラー養成講座」を受講しています。

こどもカウンセラー養成講座

私も子育てをしている時に、こどもの気持ちがいまひとつわかりませんでした。周りがあまり見えず、自分のことで精一杯で、こどものことを理解しようという気持ちが小さかったのかもしれません。

今、手相を学んで思うことは、「子どもの言いたい思いは、手の中にある」と言えます。

子どもは周りをよく見ています。そして言葉を選んでいます。「ここではこれは言ってはいけない、ママが悲しんだりイライラしたりする」など、いろいろな思いをこころに秘めていちばん伝えたい言葉は飲み込んでしまうこともあります。

そして、いずれストレスとなり不登校になることもあります。

でも、お母さんが子どものこころを手から知ったら、対処方法が見つかります。本当はそんな状態だったんだねとお母さんがわかってあげるだけでも、子どもへの対応は変化し、子どもも子どもらしく生きることができます。

ただ今、手相や占いを用いた「親子カウンセリング」の準備もしていますので、メニューが出来次第お知らせいたします。多忙のためしばらくお待ちください。