【電子書籍初出版】創価学会の家庭で育ちエホバの証人の家に嫁ぐ

【電子書籍初出版】創価学会の家庭で育ちエホバの証人の家に嫁ぐ

このたび、初めての電子書籍が完成しました。

タイトルは

創価学会の家庭で育ちエホバの証人の家に嫁ぐ
内海式精神構造分析により生きづらさからの解放
宗教2世が宗教1世になった理由

内容としては、
あらゆる問題の向き合い方や、
生きづらさの根本原因の探し方や、
内海式精神構造分析による深層心理のイメージのつかみ方がわかるものとなります。

私のトラウマから宗教2世、1世の苦悩をもとに、実際に経験した事柄をあげているので、わかりやすいのではないかと思います。

性被害に関しても今まではブログ内のみでしたが、電子書籍内、SNSでも開示しました。書籍内容から日本消滅の危機的状態が少しでも伝わりましたら幸いです。

病気の治し方も
国の直し方も

現実直視が重要となってきます。
状態を知らなければ、次に進む方向性が定まらないからです。

生きづらさを強く感じる日本となりました。
子どもも大人も傷つき
今まで以上に希望を求める国になりました。

私たち大人が作り出した日本なので、痛みを負いながら命あるかぎり、日本立て直しのための活動を続けたいと思います。

出版にあたり、内海式精神構造分析創始者の内海聡氏による読者へのメッセージをいただくことができ、掲載することができました。

日本のあらゆる財産が切り売りされ、国民が傷ついている危機的現状をまだ知らない人々への、先頭立って活動されている方たちの存在周知と、日本がなくなってしまいそうな危機感、搾取され奴隷度が増していくその危機感を、この本を通して今以上に持つことができましたら幸いです。

画像や書籍構成は、一昨年、YouTubeによる対談動画でお世話になりました、橋本絢子さんにアドバイスをいただきました。

この場をお借りしてお二方に感謝申し上げます。
ありがとうございました!

https://amzn.to/3UpedZZ

弱者ゆえ、奴隷となる 〜奴隷からの脱却〜

弱者ゆえ、奴隷となる 〜奴隷からの脱却〜

私が性被害者となったのは小学5年生。
22歳の頃に初めて自分以外の人に、ほんの少しですが開示しました。それまでは、性被害を打ち明けることはなかった。

どうして誰にも話さなかったのか、私自身もよくわかりませんでした。そもそも幼すぎて何をされていたのかわからなかったですし、わかった時には誰かに話しても拒絶されてしまうのではと思ったり、被害のレベルさえわからなかった。人がどう反応するのか人への恐れがありました。

今、どうして誰にも話さなかったのか、助けを求めなかったのか、知ってほしいと思わなかったのかと振りかえってみると、それは、加害者の相手に対して何も太刀打ちできなかったから。弱さゆえに、小さなからだゆえに、子どもという立場ゆえに、戦うことができないと悟ったんだと思います。周囲や家族や社会に声をあげない選択しかできなかった。傷ついた感情を抑えているほうが楽だった。自分だけ傷ついて、奴隷でいたほうが楽だったんだと思います。誰にもいわないことが一番の身の安全だと思い、言葉も感情も封じていました。何事もなかったかのように日々過ごしていました。

今の日本の国民は、当時の私と同じ状態なのかもしれない。

日本の奴隷、組織の奴隷、何かコミュニティの奴隷など、何も考えず、抗わず、傷ついた感情や、何かに対して湧き上がる感情を出さないほうが、楽なのかもしれません。いちいち反応することで、自分自身が振り回されるのが嫌なのかもしれません。奴隷であることを望んでいるから、日本は消滅していくでしょう。あらゆる分野に外資など民間企業が入り、民営化が進み、一部の人だけがオイシイ思いをし、一般市民はますます貧乏になり、じわじわと搾取され、日本は日本国民のものではなくなっていくのです。ハワイ王国がなくなったように、日本もなくなるでしょう。

日本はハワイになる。国土買収によって失われる未来
財務省・東京都、東京メトロ株を一部売却へ

性被害者の人に対して、「強くなれ」というのは酷なことだと思います。それでも、私は強くありたい。強く生きていきたい。

少しでもそういう強さを国民が持てるのなら、日本はいづれ復活してくるのだと思います。日本の状態や世界の状態を把握すると、絶望しかないのですが、それでも一人ひとりが、できる限りの強さを持って生きていくのなら、この先の日本の姿は変化します。

私が思う強さとは、精神的な強さも含みますが、自分の頭で考え、被害者意識の側に立たず、問題の原因は自分自身にあることを自覚し、自立して納得のいく選択をして、その選択に対して責任を持つ。自分が何者なのかと考え、何のために生きているのかを考え、自分の生き方考え方という思想を持ち、哲学を持って生きていく。混沌とした時代だからこそ、大きな目標を持つ。これが、今私が思う、私にとっての強さの定義です。

整体くららは、2018年10月29日から始まりました。今日は、整体くららが始まって5年です。内海式精神構造分析の師匠、内海聡医師の対応してきた人の数には、まったく及ばないのですが、真剣に、本気で自己の闇に、過去に、幼少や親子関係に向き合い取り組む人には、私も真剣に向き合い取り組みたい。私の今の姿が、見えない生きづらさの原因究明や、根本原因に向き合うために役立てていただけましたら幸いです。無価値だと思っていた自分自身の存在の意義を見い出し、精神的強さを育てることが互いにできればと思います。

演じることが上手な人形になっていませんか

演じることが上手な人形になっていませんか

内海式精神構造分析ではあらゆる要素を深掘りしていきます。例えば、

承認欲求
転写行為
代償行為
被害者意識
依存心
ジレンマ
フラクタル
アダルトチルドレン像(AC、幼少期に取り入れた精神性、演技の精神性)
メタファー(周波数)
潜在的罪悪感
苦痛の共有
疑似虐待など

歪さ(いびつさ)が家庭内にあるとその歪さ、ゆがみに合わせるように、あらゆる場面で演じていくようになります。そうすると自分がどんな人間だったのか、本来の自分がわからなくなります。それが生きづらさの原因でもあるのです。いつも誰かのために、誰かに合わせ喜んでもらえるよう演じ続けます。喜ばすのではなく困らせて立場や関係性を維持することもあります。

演じることが上手になると、本音を隠してしまいます。そして、自分自身、何を本当は思っているのか、考えているのか、感じているのか、わからなくなってしまいます。周りに合わせ演じることが上手なので、本当の意見や思いは邪魔になってしまいます。そして、その感情は深層心理の奥の奥まで沈んでいく。沈めた感情が出てきては困るのです。

そして、病気や人間関係などで困った状況になったときは、その深層心理へと沈めた感情はなかなか出てこないので、本来の自分が自分でわからず、ますますややこしくなります。負のループは続いてしまい、それが子どもにも影響していきます。

このような状態を上にあげた要素を意識して深掘りしていくのが、内海式精神構造分析です。

複雑に絡まった糸を解いていくように、あらゆる要素を意識して分析し解いていくと、もともとどんな感情を持っていたのか、自分が何者なのか自覚できていきます。ですから内海式精神構造分析はとてもエネルギーを使います。分析者よりも問題に取り組む側の姿勢が問われます。

どれだけ本気でその状態から抜け出したいか。
どれだけ本気で自分の価値観を破壊し、偽りの人形像、仮面を剥がしたいか。

答えを見つけていくのは当事者でなければなりません。

内海式精神構造分析は大変な作業ですが、分析することで誰かのために演じる人形のような人生を歩むのではなく、本来の自分の姿、感情、目標などを持って自分で選択した人生を歩んでいただければと思います。

宗教2世の家庭で育った子どもたちも演じることがとても上手なので、どんなやり方でもいいので、自分が望む生き方ができますように。

残りの人生をどう生きるか

残りの人生をどう生きるか

久しぶりのブログ投稿になってしまいました。
最近の出来事としては、14歳の愛犬のちょこが2月に倒れて、私も元気が出ない状態でした。14歳ということもあったのと、次の日には食事もできたことから、体に負担となりうる西洋医学医療に頼ることはやめようと、私と夫とセラピスト講座などから得てきた知識で愛犬の病態に対処してきました。しばらく経ってから散歩に行けるほどの体調に戻ってきたので、栄養がとれる食事で対応してきました。対症療法として他に何かできることはないかとハーブについて学ぶことを始めました。

本格的に6月から学びだした植物療法。ちょこが亡くなる2週間ほどが呼吸が取りづらくなり、アロマオイルマッサージで対応しました。オイルケアは私もちょこにも互いによかったようで、ちょこも呼吸が楽になっているときもあり、植物の力を改めて実感することができました。

植物や漢方、ハーブによる療法は根本療法ではありませんが、症状を取ることや緩和させる力はあると実感されるかたも多いのではないでしょうか。

がんなど大病を患うと、結局は免疫力を回復させないとどうにもならないですし、生き方考え方、価値観、コミュニケーション能力、そして幼少期に取り入れた精神性など、精神に向き合わないと病という道から自ら出ようという思いにも向かいません。しかし植物には体が治癒に向かうよう手助けはできると思います。細胞から生み出されたエネルギーを上手に使えるよう、様々なビタミン、ミネラルなど栄養素が含まれていますし、不要なものを排出させる力もあります。そうすることで、本来の生み出されたエネルギーを、生命力、生きる力、原動力として使うことができます。

愛犬とは14年8ヶ月でお別れとなり、悲しい、寂しい毎日を送っていますが、ちょこから受け取った、残してもらえた「ハーブ・植物療法」という財産もいただけました。この財産を大事にしていきたいと思います。

最期に対応していただいた獣医さん(薬害研究センター認定セラピスト)によると、ちょこはとても器の大きい、飼い主の想いを肩代わりしているということでした。本当にそう思う日々です。内海式精神構造分析の観点でいえば、そばにいる動物にも意味があり、その数にも意味があり、すべてに意味があり、私にとってちょこは父親でした。早くに亡くなった父を投影していたことを、亡くなってから自覚できました。