振り返ってみると、12月、1月は調子が悪い日があります

振り返ってみると、12月、1月は調子が悪い日があります

12月は、父親が病気で亡くなった月。

1月は、祖母が交通事故で亡くなった月。

うつ病になってから、以前もあったのかもしれませんが、特に冬が調子が悪い日が多かったです。それは、ただ、「寒い」という理由だったと思っていたのですが、内海式の精神分析を学んでみると、これも必然なのかなと思います。

父親も祖母も突然のお別れでした。

そして、まだ、その「死」には向き合えていないのかもしれません。亡くなったという現実を拒絶しているのかもしれません。

そういう推察ができるようになっただけでもいいのかなと思います。

落ち込んでしまう理由や訳のわからない悲しみや苦しみの理由がわかっただけでも、こころは軽くなりました。

私が向精神薬断薬時に意識したことが紹介されているおすすめ動画です

私が向精神薬断薬時に意識したことが紹介されているおすすめ動画です

こちらの動画で解説してくださっています、内海聡医師は、私が向精神薬を断薬する時にお世話になりました東京都御徒町TokyoDDCの医師です。

動画の中ではとても重要なことが話されています。

多くの方は、断薬するときには、「手法」を聞きたがりますが、それよりもとても重要なことがあります。

自己に向き合うことと、精神科医療、医学の完全な理解です。

必ず理由があって、こころが病んでしまったと思います。その時の問題、過去の問題、幼少の問題と、すべて自分自身に関することに向き合う必要があります。

生き方、考え方に向き合う必要があるのです。

その他にも多くの大事な点を紹介していますので、ぜひ、ご視聴くださればと思います。

怒りや憎しみや恨むことなどは生命の仕組みである

怒りや憎しみや恨むことなどは生命の仕組みである

私たち人間には「怒り、悲しみ、喜び、泣く」というような様々な感情はつきものであり、むしろそれらがなければ人間ではないといえるのではないでしょうか。

最近読みました「初めての上座仏教」(著者アルボムッレ・スマナサーラ長老)には、「智慧」ということばを勉強する必要に迫られていると書かれており、その「智慧」とは、

「ものごとをきちんと正しくありのままに知っている」ということです。つまり、システムをきちんと理解しているという意味です。我々の存在のシステム、生命の仕組みをきちんと知っていること、私はだれですかとか、なぜ生まれたんですかとか、そういうことも含めて生命の仕組み全部をわかっていることです。

とこのように書かれていました。

私は2014年に向精神薬を断薬しましたが、その時にお世話になりました内海医師のクリニックでは、結局は、薬をどのように減らしていくかという「手法」を教えていただいたり、薬の知識のサポートではなく、上記に書きました、「人間の生命のシステム」について深く考えるよう、叱りながら伝えていただきました。

簡単にいうと、「自分自身であれこれとよく考えなさい。」

教えられたことは、ただ、それだけです。

私という人間とは何者なのか。
どうしてうつになったのか。
何によりそうなったのか。
どうしてうつ状態という症状が出たのか。
うつ状態とは一体どんな状態なのか。
「因果応報」について考える。
どんな生活、食事環境だったのか。
その環境からすべては生まれる。

など。減薬断薬中でしたので、頭はあまり働かず、身体全体の震えも生じ、呼吸がうまく取れない状態でもありましたので、向精神薬を服用している時よりも心身ともにとてもつらい状態でしたが、それでも「考えなさい」とそういうことを突きつけられました。当時は「面倒だ」と思ったのですが、今、断薬して8年経って思うことは、あまりにもいろいろなことに、小さなことから大きなものに対し、考えてこなかったと実感しています。考えることを放棄してきました。その結果が「うつ病」です。

私は特に、人のこころのシステム、「こころの働き方」を知っておくことがとても重要であると思います。「こころの働き方」により病気や症状は生まれるからです。家族、夫婦、親子、様々な問題が「こころの働き方」により生まれてきます。それをわかっていないから、認識できていないから益々封じてしまいます。都合が悪いから封じてしまうのです。

病気でも問題でも、それは自分自身から生み出されています。見たいものをただ現実として目の前に現しているだけです。人は自分の見たいものしか見ない。

先ほど考えることがとても重要と書きました。向精神薬を服用していると「考えることができない」という方もいますが、私はできましたし、本当の意味で病気をやめたい、向精神薬をやめたい、問題をなんとかしたいと真剣に思われる方は、考えていく道に進んで行かれるのかなと思います。実際にクライアントを見ていてもそう感じるのです。

考えるきっかけとなる書籍を二つ紹介しますので、ぜひ、お読みいただければと思います。

初めての上座仏教/著者アルボムッレ・スマナサーラ長老

心の絶対法則/著者内海聡

覚えていない部分にこそ問題の根源が隠れている

覚えていない部分にこそ問題の根源が隠れている

父親のことは覚えていない。

8歳の時に亡くなった父親は、6歳くらいまではそばにいたと思いますので、6年間の記憶はあるはずなのですが、どうしても出てこない。夢にも一度も出てきませんでした。

私のうつ病は、父親や父方の影響がとても大きい。それは、内海式精神構造分析法で理解できました。2014年、42歳までは根本の原因には絶対に向き合いたくない、向き合う力もなかったのだと思います。向精神薬を断薬した時から、うつ病をはじめ、生きづらさや人生の重荷や自分自身の存在価値などの答えというか解釈が、できるようになりました。それらの理由の解釈が進んでいきました。

私たち人間は、向き合いたくない部分や記憶は、封じてしまいます。心身ともに壊れてしまうからです。傷を負ってしまうからです。

クライアントと会話をしている時に、あまり出てこない部分にこそ、深い傷があったり、隠しておきたいエピソードがあったり、認識や自覚したくないものがあったりもします。その部分が問題の根源であり、その部分に向き合うことを避けているので、益々精神は病んでいき、うつやアトピーやあらゆる病気は何年も何十年も改善しない方がおられます。

封じている部分や隠しておきたい記憶、思い出せない記憶に向き合う作業はつらいことです。しかし、私はみな向き合うことができると思いますし、向き合うことは変化したい現れでもあります。このままではいけないと、自分自身、家族、親子、夫婦関係の改善を強く求めているからこそ、向き合う力は生まれるのだと思います。そして、社会さえも、日本さえも変わっていくのだと思います。

隠しているものや封じているものがあると、人は弱くなってしまいます。それがいくら自覚できていなくてもそうしている状態だとしたら、人は弱くなってしまう。周りを気にしてしまい、自己肯定感も低くなり、自尊心もなく、いつも自分を自分自身で傷つけてしまう。その弱さを隠すために他者を傷つけてしまう。

隠れている部分を理解、認識、自覚できた時に人は変わっていき、強くなり、自分自身で自分を大切にできるのだと思います。私も以前よりは自分を大切にできるようになりました。他者よりも先に大切にしていいのだと認めてあげることができました。