罪悪感はどうして生まれるのか

罪悪感はどうして生まれるのか

幼少時からよく感じていたことは、親に心配されていない、気にかけてもらえていないというものでした。

いろいろなエピソードがありますが、社会人になった時に、車を直ぐに購入し、嬉しくて遠くに出かけることがありましたが、親に伝えることもなく出かけてしまったので、心配させてしまったと思っていましたが、親は全く心配していませんでした。自由で拘束がなかったので、私が望んだ現実でもありました。それでも、贅沢ですが、気にかけて欲しかった。

私のように、親から気にかけてもらえていない、心配されていない、振り向いてもらえていない、愛されていないなど、そう感じておられるかたは多いのではないでしょうか。自分は無価値だと、自身の存在自体に無価値感を持っておられるのではないでしょうか。

内海式精神構造分析による家系図を作成すると、無価値感の根本原因や愛されていない理由がわかってきます。理由の一つは、私が長女として生まれ、二番目の子として生まれ、女として生まれてきたという立ち位置的な部分に意味があります。潜在的にどうしても愛することができない立ち位置だったんだと理解できてきます。

愛されていない子どもたちは、生きている間に何を思うのでしょうか。

私は、生きている罪悪感、幸せになる罪悪感が育ってきたと思います。

私の人生の中で、いろいろな箇所で罪悪感は生まれました。父親が助けれなかった罪悪感。兄弟と仲良くできなかった罪悪感。祖母を助けれなかった罪悪感。母を喜ばすことができなかった罪悪感。宗教で子どもを苦しめてしまった罪悪感など。

親からの承認は子どもにとって重要です。だからこそ、幼少の子育てでは、親は子どもから物理的に離れず、精神的にもそばにいてあげなければいけないと思います。故・緒方甫氏の「子育て四訓」は今の時代、特に重要な教えとなります。

1.乳児はしっかり肌を離すな
2.幼児は肌を離せ、手を離すな
3.少年は手を離せ、目を離すな
4.青年は目を離せ、心を離すな

今の時代、便利なものが増えてきました。少しでも気を緩めてしまうと、子どもから距離を取るものばかりではないでしょうか。ベビーカー、紙おむつ、レトルト食品、テレビ、スマホ、インターネット、ゲームなど、親が楽になるものが増え、一人で遊べるものが増え、コミュニケーションを取らなくても済むような環境が増えてきました。

この「子育て四訓」は特に意識して、どの子どもとも接していきたいと思います。大人、親たちがそうしていけば、罪悪感を持つ子どもたちは居なくなり、自分というものを持つ子どもが増え、自分が何者なのか、自分のアイデンティティをしっかりと確立できる子どもたちが増え、逞しく生きていけると思います。迷った時も、何を考え、どうしたらよいかと、自信を持って選択していける子どもたちが増えると思います。

私のように罪悪感で押しつぶされそうな人もおられるでしょう。生きていていいのかと考えてしまうこともあるでしょう。それでも、どうして今の自分になっているのかと自覚するだけで、私は楽になりました。そして、その罪悪感を手放すのではなく、共に生きていこうと思える強さが持てるようになりました。

人の心のメカニズムのようなものを理解することで、以前よりは心は楽になりました。

人はそもそも罪深い生き物だと思います。生きているだけで自然を破壊しています。日本の現状を見ればそう思われるのではないでしょうか。そして、罪深い人間だと自覚すると、地球も日本も日本の自然もこれ以上は破壊せずに、破壊されずに済むかもしれません。

自分の状態を知ること、楽なほうに逃げないこと、罪悪感を手放さないことは、自分の罪悪感を今より小さくできるのではないかと思っています。これが2014年の断薬から自己に向き合った8年間の私の答えです。罪悪感も自分の一部として生きていこうと決意できた8年間の答えです。そして、罪悪感やこれまでの罪深さや後悔の対応は、人それぞれの答えがあっていいと思います。罪悪感を打ち消すほどの楽しさに浸るか、罪悪感を受容するか、究極的にはこの2択になると思います。

50歳という大きな節目に思うこと〜罪悪感とどう向き合うか〜

50歳という大きな節目に思うこと〜罪悪感とどう向き合うか〜

最近は、あまりブログを書く気力が出ません。それは、この先の日本の状態が全く明るくないというのも一つの理由です。外資参入による不動産買収問題をはじめ、水道民営化問題、漁業権の問題、食の問題の中では種子から遺伝子組み換え、ゲノム編集食品など、あらゆる問題が山積みであり、今、国民が騒いでも手遅れな状態となりました。書き出せばきりがないので、いろいろと調べてください。

これほどまでに日本がダメになり、子どもたちが不健康になり、家庭がボロボロになっているのは、明らかに私たち大人が社会の問題や日本の問題や家族家庭、そして、自分自身の闇に向き合ってこなかったからです。現実直視せず、本当の日本の姿と自分自身の本心と闇を見てこなかったからです。

よく耳にするのは、この国のトップが悪い、売国する政治家が悪い、闇の勢力が悪いといいますが、それらを作り出しているのは、明らかに私たちです。私たちがそういう現実を作り出し、政治を作り出し、政治家を野放しにし、誰かやればいいといい、口ではなんとでもいいますが、政治的な行動を起こしてこなかったので、このような日本の状態になってしまいました。宗教を毛嫌いするのと同様、政治を遠ざけてきてしまったのでこのような状態となっています。

私の人生の中で、罪悪感はとても大きなキーワードでした。生きづらさの大きな原因でした。家の伝承の罪悪感、家族への罪悪感、子どもを同じように宗教二世として苦しめてしまった罪悪感。決して、この罪悪感からは逃れることはできません。手放そうとも思っていません。その荷を負って生きていこうという覚悟を決めています。

多くのかたはつらいものは手放したいと思うのかもしれません。重い荷物は降ろしたいと思うのかもしれません。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。今までの私たちの生き方や考え方や価値観から、これほどまでに日本の状態、社会も自然も悪くさせ、小さな組織である家庭家族を幸せにできず、そして、この先に続く、未来ある子どもたち、七世代先につながる命を軽視してきたというのに、楽になっていいのでしょうか。自ら死を選択する若者が増えているのに、楽なほうへ、楽しさに逃げるような選択をしてよいのでしょうか。

私は自分にとって、罪悪感や過去に何もしてこなかった、すべての闇に向き合ってこなかったという罪の荷を抱えながら生きていたほうがまだいいと思っています。この先、生きる原動力になるからです。残りの人生、何かしていかなければならないという力となるからです。

このブログを読んだかたには、ぜひ、罪悪感を手放すのではなく、自分の闇から逃げるのではなく、すべて受容して生きて欲しいと思います。そういう強さを持って生きて欲しい。生きるというのはそういうことではないでしょうか。適当な生き方、やっつけ仕事的な生き方では、生命力というバロメーターは上がってこないと思います。

一人ひとりが強い人間になれたら、その後ろ姿を見た子どもたちは、また、元気を取り戻すかもしれません。見たものを真似て人は成長するからです。そして、親が元気であれば健やかに子どもたちは育っていきます。子どもたちは常に親を気にかけているからです。

この国が滅亡へと突き進んでいますが、ぜひ、残りの人生、残りの日本時間、子どもたちと未来の子どもたちのために、己の命を使っていただけたらと思います。私もそうしていきたいと思います。

死に向き合った一休さんのことば

死に向き合った一休さんのことば

みなさんがよく知っておられる一休さんこと、「一休宗純」
一休宗純/Wikipedia

一人の信者から、家宝にしたいから「めでたい」ことばを書いてほしいと頼まれ、このように書いたそうです。

「親死 子死 孫死」

「死」ということばが並んでいたため、信者はかんかんに怒りました。しかし、一休宗純は、「孫死 子死 親死」のほうがめでたいのかと返答されました。

人の視点というのはそれぞれ違っていて、見る角度、とらえる角度が変わると、結果や答えも変化します。

現代では、「親死 子死 孫死」というように、老いた人から順番どおりに亡くなっていくことは難しい時代となりました。また、昔も小さな子どもたちのほうが病気にかかりやすく、亡くなる確率も高かったでしょう。若者の死がないということは喜ばしいことであり、上の世代から順番に亡くなっていくことは自然で、人として死を受け入れやすいことだと思います。ですから、「親死 子死 孫死」というのはめでたいことだというのが、一休宗純の教えです。

死について向き合い、語っておられ、人が嫌うことばをあえて伝えるというのは勇気がいることかもしれません。

それでも、忌み嫌われるようなことばでも、人々に考えさせることばを伝える人になれたらいいなと思いました。そして、死についてあまり語られない現代ですが、人には必ず「死」は訪れます。生があれば死もある。死は誰もが経験することです。

だからこそ、本当は話し合ったり、話題にしたりと、考える機会があったほうがいいように思います。そして、そういう事柄を、子どもたちと話し合う時間が持てる社会になればと思います。

この社会がよくなるために必要なこと

この社会がよくなるために必要なこと

それは、「現実直視」ができる人が増えること。

4年近く施術と相談業と並行して対応してきて思ったことは、施術目的で来られるかたの多くは現実から逃げていました。自己に向き合おうと努力していましたが、結果、施術して終わり、向き合いかたが浅いような感じでした。

目の前と過去や幼少に問題はあるのに、見ようとしない。または見ているフリをする。問題があるのに、施術で症状がよくなるわけがありません。問題を横や見えないところに置いて、施術で麻痺させているようなものです。むしろ、問題に向き合いたくなくて、施術に来ているのではないかともとれてしまいます。ですから、整体くららでは、施術を主軸として対応するのはやめました。しっかりと問題や自己に向き合うメニュー設定となっています。

まずは、現実問題や幼少や過去問題に向き合う姿勢を持っていただきたい。そして、自分を知ることをして欲しい。そこから、何かしらの変化はおきます。

私のうつ状態も、自分自身の状態を把握できたときに変化してきました。無意味で有害な向精神薬を10年間も飲んでいた自分を知って、愚かだと自覚しました。自分の愚かさや醜さを知ったときに、からだもこころも変化してきました。生き方や考え方が、依存の道から自立の道に変わっていったのです。

何かしらの問題を抱えていましたら、まずは、自分自身がどういう状態なのかを知ってください。現実に向き合ってください。そういう姿を目の前の子どもたちや、次世代七世代先につながる子どもたちに見せてあげてください。そのようにして、この社会も国も、自立していくことになり、その思想が後世に引き継がれるようになり、結果、現在の状態は変化してきます。