色情因縁は私たちの人生に影響があるのか

色情因縁は私たちの人生に影響があるのか

色情因縁とは、簡単な説明ですと、先祖の男女関係の問題や水子などの問題が子孫に影響を及ぼして、悪いことばかり起きるということです。そのため、あなたには色情因縁があるといわれ、地獄で先祖が苦しみ、あなたの悪運もそのためだといい、宗教団体から献金を勧められたり、物を買わされたりします。いわゆる霊感商法です。

では、本当に先祖から霊的な悪影響はあるのでしょうか、霊界から先祖の苦しみが今の私たちに影響があるのでしょうか。

これは誰にもわからないことではないでしょうか。そもそも霊界や地獄があるのかもわからず、あの世があるのかさえわかりません。

しかし、私は色情因縁はないと思っています。

内海式精神構造分析では、家系図を作成し、もちろん、男女間の問題、水子関係の出来事も聴取していきます。必ずそれらの出来事には意味があり、子孫には影響が及ぶからです。しかし、先祖から直接的な影響ではなく、自分自身が同じ選択をしたり、不幸を選択したりという意味で影響があるという意味です。男女間のトラブルが多かった家系であれば、子どもたちも同じように真似てしまい、水子がいたら、それもまた同じようにしてしまいます。同じように傷ついたり、傷つけたり、人というのは結局は、親やそのまた過去の親族と同じようなことをしてしまいます。そのようにしなければいけないと思ってしまうのです。

人のこころのメカニズム、仕組みというのは、複雑なようで、でも、シンプルなんだと、内海式精神構造分析を学んでそう思いました。子どもの視点で考えていくことも重要なので、シンプルな考え方を持ったほうが、問題の根源にたどり着くのではないかと、個人的には思っています。

親が悲しんでいるのなら、助けてあげたい。同じようにして、傷ついたり悲しむ状況を作り出したい。そうやって親に認めてもらいたい。親や先祖の抱えてきたその重荷を背負いたいなど。

もし、生きづらさを感じていたり、人生になにも喜びを見いだせない、ずっとトラブルばかりなどがある場合は、色情因縁というよりは、フラクタル構図を常に作り出している可能性のほうが大きいと思いますので、先祖供養や献金やものを買ってお祓いするよりも、自分自身に向き合うことをおすすめします。

不幸を選んでいるのは自分

不幸を選んでいるのは自分

人生あまりいいことはなかった。むしろ、不幸の連続だった。そう思われるかたは沢山おられるのではないでしょうか。私も実際そうでした。嫌なことが起きることが多く、いつの頃からか、どうしたら回避できるのかを考えるようになりました。

しかし、内海式精神構造分析を学んでいくにつれ、不幸をあえて選んでいるのは、自分自身でした。不幸の現実に常に置いておかなければいけないと、そういう荷を自ら負わせていました。

では、どうして自ら不幸を選択しているのか。その理由は何?と思われるのではないでしょうか。

一つの理由としては、生きている罪悪感からきています。父親が早くに亡くなり、子どもとしては、自分が何か悪いことをしてしまったから居なくなってしまったのではないか、自分のせいで父親は病気で亡くなったのではないかと、小さな子どもはそう考えます。幼少に経験したことは大人になっても引きずって生きていきます。

罪悪感だけではなく、子どもは親と同じようなことをして承認を得ようともします。母親は早くに夫を亡くしたので、苦労しました。人生、苦労の連続だったと思います。そういう姿を幼少から見ていますので、子どもは同じようにします。形が変わったとしても、結果、不幸や苦労を選択していきます。

何か問題があるときは、現実から考察していくよりも、過去にさかのぼって考察していくことをおすすめします。家系や親族をみて、何か目立つ出来事がないか、どんな事柄が起きていたのか、そこから子ども心で推察することで、今まで自覚できていなかった事柄が理解できてきます。見ようとしなかった景色が見えてきます。

子どもはいつでも親のことを気にかけています。いくら嫌いでも、いくら支配されていたとしてもそうします。だからこそジレンマが生じて生きづらさがうまれてしまいます。自分が何者なのかを見失って、何かを演じて、誰かを喜ばす人生を歩んでしまします。

そういうかたにこそ、内海式精神構造分析による家系図から、自分自身に向き合い、自分を知っていただきたいと思います。

宗教から逃れられない理由

宗教から逃れられない理由

創価学会の家庭に生まれ、嫁ぎ先はエホバの証人。宗教はもううんざりと思っていましたが、エホバの証人から脱退して4年、今では宗教に関する悩み相談も受付けています。整体くららは整体がメインで始まりましたが、今はほぼ相談対応がメインです。

ではどうして宗教から離れることができないのか。

そう考えたとき、自分には重い荷を常に背負わせておかないといけないという考えが浮かんできました。

日本は修行の国といわれていますので、そういう思想からくるのかもしれません。または、父親や先祖からくる「罪」を引き受けているのかもしれません。ただ単純に何もない人生がつまらないと思い、荷を課しているのかもしれません。生命力の弱さからきているのではないかとも思えます。

今では、宗教に関する歴史を調べることが楽しさの一つになっていますが、どこか呪縛のような感じでもあります。いい面もあれば裏の面もある。

あなたがもし、今の宗教を重荷に感じ、でも、そこから逃れることができないのなら、その理由は必ずあります。嫌だと思っていた宗教を何十年も、私もやってきてしまいました。脱退はして今はどこの宗教組織にも所属していませんが、宗教に関する悩み相談を受付けています。

特に宗教二世、三世のかたの持っている生きづらさ、親への対応の相談、自分がどうしたいのかわからないなど、様々な悩みがありましたら、ご相談を受付けておりますので、メールでご連絡くださればと思います。

人の人生は思ったよりも短い

人の人生は思ったよりも短い

今年で50歳。もし80歳まで生きられるとしてもあと30年。今まで生きた時間よりも短いです。人の人生は思ったよりも短い。だからこそ、残りの人生は自分の意見や想いを優先して生きて欲しい。

あなたの残りの人生の長さはどれくらいですか?

今、私の人生の中で、納得のいく生き方ができています。悲しみや苦しみや絶望や喜びなど、多くを経験しました。決して、常に幸せだったとは言えません。どちらかというと苦難のほうが多かった。でも、その苦しみの理由の根源がどこからのものか理解できただけで、以前の生き方よりも今の生き方のほうがいいと思っています。

人に合わせることも減りました。
人の意見を優先することも減りました。
嫌なものは嫌と言うこともできるようになりました。
自分自身に罪悪感があることにも気づくことができました。
その罪悪感をすべてではありませんが、手放すこともできました。
自分を傷つけることは減りました。

もう自分自身を傷つけることはしたくない。自分を大切にし、大切にすることを優先していきたいと思います。

多くの方は知らない、自覚できていない罪悪感を持っています。そのために、精神薬や暴力や暴言、性暴力や過酷な仕事、あらゆる問題で自己を傷つけています。

もし、今、何かしらの問題を抱えているのなら、それは自己を傷つけていることにもなります。

それをやめるのはあなた自身です。

それには、どうして傷つけてしまうのか、根本の理由を探さす必要があります。自分を知ることも必要です。自己に向き合う作業がどうしても必要です。そのために内海式精神構造分析法があります。この分析法だけではなく、占いなどなんでもいいので、自分自身がどういう人間なのか向き合ってみてください。外側の理由ではなく、内側、自分自身の内的要因から幼少や昔の環境などに向き合ってみてください。そうすることで、自分が今よりもわかってくるので、納得のいく選択ができて、自分らしく生きていけます。