私とトラウマ2

「性被害を受けたことで罪悪感を抱えて生きていない?」

急遽募集があった、内海聡医師の名古屋のまごころ診療所でのメタトロン診断。自分のトラウマに関して質問もあったのと、3年前に受けたメタトロンとどう体の周波数が変わったのか知りたくて先週行ってきました。そして、メタトロン診断をして上の言葉をいわれました。

性被害を受けた人は、自分が悪かったんだと罪悪感を持つ方が多いそうです。一般的には嫌なことが起きたり被害を受けたりすると、「怒り」「恨み」「憎しみ」という感情が先に出てくるそうです。それが普通の人間のこころの反応ですが、それを出せない方もおられます。私も怒りや憎しみなどの感情はあまり出てこなかったです。拒絶はありましたが。

メタトロンでは体の周波数をみます。臓器や経絡やチャクラなどの周波数を見てもらい、どの部分の周波数が落ちているかで、そこから感情や誰に対してなのかが推測できます。私の場合、腸や肺、その部位の経絡の周波数が落ちていました。今のことよりも過去問題に対しての体の右側(男性系)に対する罪悪感という一つの推測が出ました。

実際に、若い時から「生きていていいのか」「幸せになっていいのか」と考えたことは時々ありました。男性の問題に限らず、家族や兄弟に対しての罪悪感も持っていました。

メタトロンを受けて、もう罪悪感は手放したいと思いましたが難しいですね。それでも残りの人生は、自分の人生を楽しむために使いたいとも思っているので、また一歩踏み出したいと思います。誰かのためではなく自分のために生きていきたい。自分の根底に罪悪感があるということを認識することができ、このタイミングでメタトロンを受けてよかったです。

性被害、虐待を受けて前に進めない方は、一度自分を責めていないか考えてみるといいかもしれません。私も今回のメタトロンを受診してあらたに発見した一つの解釈です。そして、精神科にいくのも罪悪感ゆえの一つの自罰行為なのです。あなたは自分を罰するために精神科に受診していませんか?

メタトロンの説明ページはこちら

名古屋まごころ診療所の内海聡医師によるメタトロン診断のご予約は、NPO法人薬害研究センターが窓口です。

NPO法人薬害研究センター