私とトラウマ3

私が自分のトラウマを開示した理由は、性被害を受けたことを言葉に出せる場所を作りたかったことと、性被害を受けたことが生きづらさの原因なのかもと1人で悩んでいたら、一緒に考えてみませんかと発信したかったからです。
私が父親を病気で亡くし、性被害を受け、結婚してから体調が悪くなり、それから鬱になり自殺未遂をし閉鎖病棟に入った経験は、すべてつながっています。それぞれ一つひとつの出来事とはとらえないのです。

整体くららでは、内海式精神構造分析法を軸として対応していますが、この精神分析を体験してわかったことは、自分にとって父親が亡くなったことがとても大きく、そのことが軸となって様々な出来事が起きていたということがわかりました。
自分の中では人生の出来事で「何故?」という部分がわかり、わからなかった時と比べたら生きやすくなりました。しかし、父親の死と向き合わなければいけません。向き合う作業はとてもつらいことでもあります。それでも、つらくても、自分を知ることができてよかった。抱えていた闇を知ることができてよかった。

病気や何かの症状でつらい思いをされている方には、必ず向き合うべきものがあります。向き合うことがつらすぎてそこから遠ざかり、別のものにすり替えたり、考える感覚を麻痺させています。私の鬱も結局は思考停止状態でした。向精神薬とはそういう薬です。

内海式根本療法認定セラピスト講座を受講して9ヶ月。この一年間、今まで以上に内側、深層心理と向き合った一年でした。死を少し渇望していることにも気づけました。
自分と向き合ってもほんの少し変わるだけ。でも、そのほんの僅かな変化が私にとってはとても大きく、からだの周波数は変わり、世捨て人のようにならずに生きていたいとも思える。
過去は変えれない。
一生懸命、いただいたいのちを全うしたいと思う。
そして、安易に、ただ症状を治してほしいという方ではなく、自分の闇に現実に向き合い、自分の行動に責任が取れる人にだけ私は全力で向き合いたい。どんなエピソードがあったとしても、からだから発せられたものがあったとしても、それでも生きていくのが人間だからです。