内海式精神構造分析法で幸せになれるのか

内海式精神構造分析法を初めて知ってからもう4年ほど経ちます。初めて知った時は興味本位で学んでいきました。わからないものがわかってくる楽しさもありました。

その後、整体くららでも内海式精神構造分析法を使っていくうちに、こんなに苦しい作業をする必要があるのか、クライアントは自己に向き合いたくないから病気や問題を作り出しているというのに、それ以上苦しむ作業をするべきかなど、この精神分析法を使うことで悩んでしまいました。実際、私自身の「闇」を自己分析していっても苦しくてつらくて、こんなにつらいのなら被害者のままでいいのではないかと、悩んだ時期もあります。

内海式精神構造分析法は、現実を作り出しているのは自分自身という視点で分析していきます。ですから、私のように、性被害者も被害者ではなく加害者という解釈になってしまいます。性被害、性暴力という現実を自分自身が作り出したということです。それを知った時はとてもショックでした。今まで以上に人間が嫌いになったのかもしれません。

しかし、もし生まれ変わりのようなものがあり、同じように性被害者となった時、何かしら自分に伝える力があるとしたら「内海式精神構造分析法」を自分自身に教えてあげたい。この分析法で生きづらさや見えていなかったもの、理解できなかった事柄を見せてあげたいと思う自分もいます。

内海式精神構造分析法で幸せになれる保証はどこにもありませんが、私は来世のようなものがあるのなら、また出会いたい精神分析法です。被害者意識に囚われず、現実を作り出しているのは常に己であり、何が起きても、どんな選択をしていっても、人生、自分が取った行動に責任を持って生きていたいです。

そして、何よりも、「内海式精神構造分析法」で現実直視できる人が増えていって欲しい。現実や過去問題、社会問題から逃げない国民性になっていけば、この国がもし滅亡したとしても、復活できると思います。