病気になった時、何を1番にやめるべきか

病気になった時、何を1番にやめるべきか

病気になる前からやめるべきなのですが、多くの方が体調を崩した時、まずは食事を改めるのではないでしょうか?そして、添加物や農薬の危険さに気づき、無農薬野菜などを取り入れたり、なるべく手作りの食事にしていくと思います。

でも、1番気をつけてほしい、もしくは全捨てすべきものがあるのです。

それは、「砂糖」です。

砂糖が体に及ぼす弊害はたくさんあります。

1.糖化によるAGEで細胞が傷つく

2.低血糖症を引き起こす

3.がん、糖尿病、感染症、精神疾患、アレルギーを誘発する

4.からだも精神も依存体質(中毒)になるなど。

栄養素の人体構成比率は、

・水分:50〜70%

・タンパク質:15〜20%

・脂質:13〜20%

・ミネラル分:5〜6%

・糖質:1%

炭水化物が三大栄養素に含まれるので、糖質をたくさん取らなければいけないと思いがちですが、現代病を引き起こすひとつの要因は「糖質過剰」です。そして、砂糖や化学的に作られた糖質がとても多いですし、炭水化物がメインの料理もとても多いです。砂糖や糖質は意識していなければ、ジュースや食事(外食)から体内に入ってきます。あと、大事な点として、体内に入った砂糖は処理するために多くの栄養素を使うので、栄養状態をよい状態に維持するためにも砂糖は控えたほうがいいです。

いきなり砂糖をやめることは難しいと思いますので、少しずつ料理でお砂糖の量を減らしていったり、甘いケーキやアイスやジュースなどお菓子を減らしていくことをおすすめします。

これができないと、病気の改善は難しいです。砂糖がやめれるかどうか、病気を本当によくしたいという本気度がわかってきます。

砂糖は精神にもとても影響されます。精神が不安定な方ほど意識しなければいけない食品なのです。

※糖質制限の食事をすすめているわけではないのでご注意ください。

整体院のあり方について

整体院のあり方について

ひと昔前の整体院でしたら、施術で十分効果はあったのではないでしょうか。

現代では慢性的な病気や難病や癌や精神疾患などが改善されず、多くの方が病気や症状にとらわれ、何年も苦しい日々を暮らしています。

何が以前と違うのでしょうか?

大きな原因は、環境と食です。

空気も水の質もあまりよくなく、口にしている食べ物は、農薬や化学的な添加物で、常に体内には以前では入ってこなかった「毒」を取り込んでいます。

整体くららに来られた方には、根本解決を目指していますので、心地よくなっていただくとともに、症状がよくなってほしいので、誠心誠意施術をおこなっています。

しかし、私にできることは施術とアドバイスだけです。

あとは来院された方が日常で、現代社会の構造や、医療システムや薬の知識、食の見直し、思考の見直し、環境の見直しなど、行動していただかなければ、改善や治癒には向かわないでしょう。

そして、整体くららで一番大事にしていることは、「精神」です。

食や環境などが病気や症状を作り出してもいますが、それは結果であって、一番は、あなた自信が病気を作り出しているということです。

どうして病気を作り出しているのかを調べるのが、整体くららの精神分析法です。

あなたがもしも病気をよくしていきたいと思うのなら…

あなたがもしも病気をよくしていきたいと思うのなら…

あなたの症状は何年続いていますか?何年病院に通っていますか?何年薬を飲み続けていますか?

3ヶ月経っても、何も改善がみられないようでしたら、それはアプローチが間違っているのかもしれません。むしろ何か変えたほうがよいでしょう。

医原病という言葉を聞いたことがあるかもしれません。医師による投薬や手術などの医療行為が原因となって起こる病気です。この医原病は日本、世界で一番多い病気です。論文でも認められているそうです。そして、私のうつや躁うつはこの医原病でした。

まずは医療とはいったいなんなのか?医療はどこまで必要なのか?あなた自身で調べてください。そこからが病気や不調改善のスタートであり、自立していくことが結局は医療からも病気からも卒業できる作業なのです。

うつみんの免疫の基礎シリーズ

うつみんの免疫の基礎シリーズ

免疫の基礎動画。4回シリーズ。とてもわかりやすい動画でした。

免疫は重層防御。
免疫=抗体ではない。
皮膚や粘膜を強くするのも大事で、熱やくしゃみや鼻水なども大事な免疫!熱をさげてしまうのが解熱薬や風邪薬であり、せっかく防御として働いて熱を出しているのに、逆に問題が起きてしまいます。

私たち人間のからだは高尚、高機能なつくりをしています。傷ができても治ってしまうように。精神でもからだでも、自分の治癒力を信じて対処することが本当は大事なのです。

風邪をひく(4回目の動画の内容です)

風邪薬・解熱薬を飲む(楽になりたいから)

熱が下がる

免疫が下がる

多国籍連合軍(熱、粘液、免疫細胞)としてたたかってくれない

免疫細胞だけが5倍、10倍も頑張るはめになる

免疫細胞が頑張りすぎてしまう

サイトカインストーム(免疫暴走)が誘発されてしまう

風邪には特効薬はない!(自分の免疫が大事!)

結果

水分、塩分をとって、汗をかいて、寝てろ!