社会や日本をよくしたいと思うのなら・・・

社会や日本をよくしたいと思うのなら・・・

この日本の現状を危機的に思っておられる方は多いのではないでしょうか。そして、地域社会の問題や、日本という国を、今より少しでも良くしたいと思われているのではないでしょうか。

その時に、目の前にある問題に対して対処なり解決しようと行動される方が殆どだと思います。実はそれよりもやるべきことがあるのです。

それは家庭内の問題に向き合ったり、問題がなくても夫婦、親子、家族関係を良好にする、もしくは、毒親だってこの世には存在するのですから、しっかりとした立場を保っておく。そして一番重要な事柄は、自分自身の「闇」に向き合うことです。己に向き合い、生き方や考え方に向き合うことです。

今の日本の現状は紛れもなく私たちが作り出した社会です。

社会の極小単位である個人、家庭が定まっていないのに、どうしてその集合体である社会や日本がよくなるのでしょうか。小さなところが整っていないのにどうして世の中がよくなるのでしょうか。私たち一人ひとりの生き方や考え方により、今の社会となっています。

自分自身の「闇」とは現実に向き合い、過去問題に向き合い、家族問題にしっかりと向き合うことです。問題があったり病気があるのならそれは今までの生き方考え方が必ず影響しています。生き方考え方によりすべては作られているのだから。そしてその生き方や考え方は、生まれ育った環境から身についたものではないでしょうか。そこに向き合う必要があります。

しかし、多くの方は、一番それをしたくない。「闇」が深ければ深いほど、問題が根深く長く続いていればいるほど、「闇」に向き合う恐怖があるのだと思います。それでもその「闇」に向き合って欲しい。問題に向き合って欲しい。向き合う強さを身に着けて欲しいのです。その強さがあれば、少しはこの日本の現状はよくなっていくのではないかと思います。

そして、「闇」に向き合う精神の強さを、七世代先の子どもたちに伝えていきたいと思いませんか。子どもたちがどんな環境に置かれても、強い精神性があれば様々な問題に対処していけると思います。そして、またその思想は、次の世代に引き継がれていくのです。

人を信じることができず悲しみを抱いている人たちへ

人を信じることができず悲しみを抱いている人たちへ

誰も助けてはくれない。

私の人生の中でこのように感じることはよくありました。

「誰も信じられない。」

そう感じている方はおられるのではないでしょうか。人を信じることができず悲しみや不安や絶望の世界におられるのではないでしょうか。

私は、人を信じなくてもいいと思います。むしろ、人間すべてが実は人など信用していない。そう思えるのです。

もし、人が人を信じているのなら、契約書、誓約書など必要ではないですし、様々な紙による書類などもいらないと思います。人は人を信じていないから、現代では録音機器なども開発されているのです。

人を信じることができないと感じておられる方は、その「自覚」ができているだけです。受け入れているだけであり、ですから苦しさや悲しさも得てしまっています。人を信じることができないという「認識」や「自覚」ができているということは、私はいいことだと思っています。

その「認識」や「自覚」がないからこの世の中は悪くなっているからです。

良いことをしているようで良いことではないことばかりしているのが今の社会です。子どもに精神薬を飲ませて、親は病気の子を抱えていると被害者を装う社会です。精神薬で子どもを傷つけているという「認識」と「自覚」があれば行動は変わってきますが、それができない方のほうが多いから今の現状となっています。日本では精神薬の消費大国であり、精神疾患の患者が増え続けているのが現状です。

「認識」や「自覚」をすることは、現実を受け入れ、現実に向き合えている証拠でもあります。私は人が信じられないと素直にその感情が出せていることで、それだけでいいのだと思いますし、現実直視できる強さも持っているので、嘆く必要もないのだと思います。

そして、すべての人があらゆる問題に現実直視できた時にだけ、互いに人を信じることができる社会になっているのだと思います。

応援しているだけでは社会は変わらない

応援しているだけでは社会は変わらない

以前までは行動している人、影響力のある人に世直しを任せている自分がいて、応援しいていることがいいことだと思っていましたが、それでは社会はいつまで経っても良くはならないことを自覚できるようになりました。

社会でも政治でも変えたいと思っているのなら、自分自身が先頭に立ってなんでもやっていくしか何も変わらない。

日本は人任せで応援していればいいという思想を持った人が多いから何も変わっていかないのだと思います。

他力本願では病も社会も直らず、逆に自ら行動した時に初めて病気や症状は治っていくという経験をされた方はおられると思います。自ら調べ、考えはじめた時に新しい道ができてくるのではないでしょうか。

すべての人が何か始めた時にこそ、世界は良くなっていくのだと思います。

社会や日本に限らず、家庭でも家族関係でも人間関係でも能動的に行動した時に、問題は良くなっていくのだと思います。

自立を心がけ、応援する側ではなく自ら行動している団体、ボランティアスタッフによる「市民がつくる政治の会」を知っていただけましたら幸いです。

市民がつくる政治の会