宗教二世と表面化しない生きづらさ

宗教二世と表面化しない生きづらさ

今回、プロライター橋本絢子さんとの宗教二世三世の生きづらさというテーマについての対談で、改めて自分自身の特に幼少期の感情に向き合うことができました。まだまだ、自分自身に向き合えていない部分もあり、多くのもの、重たい荷物のようなものを、奥のほうに追いやり、見えないように閉じ込め、感情も封じてきたことが理解できました。

宗教2世の人が生きやすくなるために必要なこと(橋本絢子Ayako Hashimoto YouTubeチャンネル)

動画内では、0歳〜21歳までは、自分らしく生きてきたんじゃないかなと思い、それほど強く生きづらさを感じてはいなかったことを話しました。

しかし、時々、無気力になることもあり、幸せになる罪悪感もあったり、だからこそ自分優先ではなかったり、時には突然涙が出たり、悲しみを隠そうと笑っていることも多かったりと、学生の頃から生きづらさを感じていたことがわかりました。日常で人形を演じたり、思っている感情を封じていたりする自分がいました。本来の自分を表現できず我慢の連続だったと思います。

表面化されない生きづらさを抱えている宗教二世三世の人たちは多いのかもしれません。宗教家庭に限らず、今では、家庭や社会や経済の状態も悪くなり、つらい状況の中で生きている子どもたちは沢山います。

でも、そういう子どもたちに限って本当の気持ちを隠して、よく笑っているようにも見えます。

その状態を認めたくない、不幸な自分を認めたくない、自分が哀れな人になる、そして一番は親が悲しむから。そう感じて自分自身を隠してしまう子どもたちは必ずいます。

そのため、私自身も一番思っていることは表面には出てきていませんでした。生きづらさは表面化しませんでした。生きづらさを感じないよう、必死に日常を過ごしていました。

その後、21歳で結婚し、数年後うつ病になり、やっと感情を症状で表現できたのかもしれません。

病気は必ず心が影響していますし、奥底にある隠した思いが病気を作り出していますので、そうできたことはよかったのかもしれません。表面化しない生きづらさからほんの僅かですが、症状が出ることで表面化してきたと思います。

以前は悲しみや苦しみの感情を押し殺して、無感覚になって、笑っていました。宗教家庭で育ったということをはじめ、性被害や父親の死や母子家庭など、つらい出来事を、その出来事からくる悲しみや寂しさや憤りや苦しみなどの感情を、出さないようにしてきました。感じないようにしてきました。結婚後、出さないようにしてきた感情を少しだけ感じることができ、うつ病という病気を作り出したのではないかと思います。

症状はお知らせのようなもので、自分自身に向けたメッセージでもあります。本当は有り難いものだと思います。しかし、現代の対応では症状は「消す」というのが主流になっています。薬で抑えるというのが現代医学の対策です。せっかくのメッセージを抑え、消してしまうのは愚かな対応です。私も同じことをしてきてしまいました。そして、症状も抑えて封じて消してしまうから、生きづらさをより一層深めてきました。症状をはじめ生きづらさの原因も複雑になりややこしくなっていました。

今回の対談で表面化しない生きづらさも存在することに気づくこともできました。言葉にも想いにもならないような生きづらさは存在します。

あなたの生きづらさはどのような感じでしょうか。

「私は生きづらさなど感じたこともなく、毎日、穏やかに過ごしている。」そう思うかたもいると思います。しかし、すべての人間は必ずアダルトチルドレンであり、何かを演じながら、何かを封じながら生きています。すべての人が少なからず生きづらさを感じているのではないでしょうか。

もし、目の前に問題があるとしたら、表面化されない生きづらさというものが存在するということを、知っていただけたらいいなと思います。そういう視点で生きづらさについて何か考察していただけましたら幸いです。

この社会がよくなるために必要なこと

この社会がよくなるために必要なこと

それは、「現実直視」ができる人が増えること。

4年近く施術と相談業と並行して対応してきて思ったことは、施術目的で来られるかたの多くは現実から逃げていました。自己に向き合おうと努力していましたが、結果、施術して終わり、向き合いかたが浅いような感じでした。

目の前と過去や幼少に問題はあるのに、見ようとしない。または見ているフリをする。問題があるのに、施術で症状がよくなるわけがありません。問題を横や見えないところに置いて、施術で麻痺させているようなものです。むしろ、問題に向き合いたくなくて、施術に来ているのではないかともとれてしまいます。ですから、整体くららでは、施術を主軸として対応するのはやめました。しっかりと問題や自己に向き合うメニュー設定となっています。

まずは、現実問題や幼少や過去問題に向き合う姿勢を持っていただきたい。そして、自分を知ることをして欲しい。そこから、何かしらの変化はおきます。

私のうつ状態も、自分自身の状態を把握できたときに変化してきました。無意味で有害な向精神薬を10年間も飲んでいた自分を知って、愚かだと自覚しました。自分の愚かさや醜さを知ったときに、からだもこころも変化してきました。生き方や考え方が、依存の道から自立の道に変わっていったのです。

何かしらの問題を抱えていましたら、まずは、自分自身がどういう状態なのかを知ってください。現実に向き合ってください。そういう姿を目の前の子どもたちや、次世代七世代先につながる子どもたちに見せてあげてください。そのようにして、この社会も国も、自立していくことになり、その思想が後世に引き継がれるようになり、結果、現在の状態は変化してきます。

ダメ人間を作り出しているのは誰?

ダメ人間を作り出しているのは誰?

うつ病のとき、10年間の後半は、食事もすべて作ることができなかったり、子どもの学校行事や係りもすべて夫がサポートしてくれたり、仕事もほぼやらなくなり、ひきこもりで、現状を被害者意識で周りのせいにばかりして、食べて寝て、動画を見て、外に出るときは心療内科にいくだけという、今でも思い出すと残念な人間でした。人間としても、妻としても、母としても機能していない、ダメ人間でした。

家庭内に私のようなダメ人間、自分のことすらできていないダメ人間がいたとしたら、その状態にも必ず意味があります。

一番は、自ら、ダメ人間を作り出していますが、別の視点で考えると、ダメ人間を作り出したほうが家庭内で他のダメ人間を隠すことができます。または、ダメな人間がいると、ダメ人間の話題で家族が一致団結したりもします。実は周りの家族がダメ人間を作り出しているともいえるのです。

現実は常に自分自身が作り出しています。被害者意識を持ったとしても、いくら外部から危害があったとしても、困った状態になったときには、自分がそれを望んでいると捉えます。

当時は、私のダメなところというか、弱者の立場は、甘えられる、社会から距離を取れるなど私自身の疾病利益となりました。しかし、夫側にも利益があったのです。うつ病でなにもできず、寝込んでいたり、不安定だったり、家族を困らせる行動により、夫は周りから気にかけてもらえました。料理や家事や子育てを「よくやっているね」と、周りの人から褒めてもらえていました。

ダメ人間を作り出しているのは、当人だけではありません。家族全員で作り出しているのです。薬を服用しているのなら、本人も家族も傷つけていることになります。薬は毒として作用しているからです。

ですから、現実を変えるときは、自分自身が変わることしかできません。ダメ人間が変わりたいと思っていても、深層心理では、変わりたくないと思っているからです。本当に変わりたいと思わない限り、何も変わりません。

それよりも、現実を作り出している自分視点から変わったほうが近道です。考え方や生き方は一瞬で変わったりもします。少しの気付きや自覚で方向転換できたりもします。

そのようにして、私のうつ病もほんの数ヶ月で治っていきました。一瞬で切り替わり、3ヶ月で断薬して、うつ病は治ってしまったのです。

病気や症状をよくしたいときに何を一番に考えるべきか

病気や症状をよくしたいときに何を一番に考えるべきか

私がうつ病だったときに、うつや躁うつをよくしたいと思い、インターネットでどうしたら治すことができるのかを検索していました。そしてそれは、私に合う薬はどれなのかと、向精神薬ばかりを探していました。整体やカウンセリングでもなく、どの薬を飲めば治すことができるのかということばかり考え、調べていました。

そうやって、治らない向精神薬である抗うつ薬や、不安剤や安定剤を飲んでいました。そして、見事に10年間、うつ病は治りませんでした。むしろ、躁うつ病を生み出してしまい、自殺さえ考えるようになりました。

私が本当に治りたい、治したいと考えたとき、一番なにが効果的だったかといえば、自己卑下です。10年間も治せない薬を飲んでいた自分、周りのせいにばかりしていた自分、ふてくされて寝てばかりで、夫を無視する日々、依存丸出しで生きていました。自分のことは自分でできないような毎日になってしまいました。自分のいのちが守れない自分。本当に愚かでした。

自己卑下のあと、生き方や考え方を変えたいと強く思い、必死でした。少しでも依存から抜け出そうと必死でした。幼少から社会人になるまで、しっかりしていたのに、自分のことは自分でできていたのに、たくましく生きていたのに、今、どうしてそれができなくなってしまったのだろうと考え、甘えていたんだと自覚し、その甘えから脱却したいと思い、必死でした。

病気や症状をなんとかしたい、改善したり、回復したりしたいと、病者は必ず考えるでしょう。そのときに、どこの病院にいったらいいのか、どの医師がいいのか、どの治療法がいいのか、どの薬がいいのかなど、誰かやなにかに頼ったりすがったりしますが、実は、自分自身の考え方を変えるほうが一番いいのです。一番先に取り組むべきことです。

あなたが作り出した病気だから、必ず、あなたの内側に答えや治し方はあります。あなたこそが治し方を知っている。そこにたどり着けないのなら、今、治すことが不都合なのだと思います。病気が治っていくときは、疾病利益を手放さなければいけないからです。病気になったことで得た利益は必ずあります。

ぜひ、病気や症状をよくしたいと思われたときには、手法に目を向けず、生き方や考え方を意識してください。自分が病気を作り出している加害者だと、そういう視点を持てたとき、変化は訪れます。治っていく人はその道をたどっていくのです。被害者意識を手放していくのです。

病気になる人の思考性は?逆に好転するのはこんな人。/ うつみんオンデマンド(内海聡ドキュメンタリー制作委員会)