おすすめ動画の紹介です

おすすめ動画の紹介です

久しぶりの投稿になりました。近況としては、ただ今、夫婦で、NPO法人薬害研究センター内海式根本療法認定セラピストとして、精神疾患をはじめ、あらゆる病気の相談を受け付けています。家族問題、親子問題なども対応しています。

整体くららでは、自己に向き合う作業、精神分析を主軸としています。己と向き合う作業はとても苦しいものです。私も現実問題、過去問題、トラウマ、家庭問題など、向き合うことから逃げたために、10年間うつ病、躁鬱と診断され、廃人のような状態でした。

最近のクライアントの方を見ていると、良くなっていったり、薬をやめていける人は、「自ら調べ、自ら行動した人」です。逆の方は、話しを聞いてほしい、聞いてもらって満足、行動に結びついていない人です。結局は、クライアントがその状態をその病気を望んでいるので、その状態を変えたいのなら、本人が変わらなければ何も変わりません。行動するしかないのです。

今までの生き方、考え方のもとでそのような状態が生まれているのですから、生き方考え方を変えていかなければいけないのに、それをしたくないのが人間という生き物です。

それでも、その苦しさに向き合い始めた時、自分がいかに愚かだったのか自覚でき、その自覚のもと変化していきます。陰極まれば陽となるのです。

私もうつの時はいつも人のせいにばかりしていました。家族が悪い、環境が悪い、病気だから甘えていていいと、とても愚かで醜い考え方を持っていました。すべての現象は自分発信だというのに。

その状態は常に自分が望んでいる状態です。子どもが苦しんでいるのなら、あなたが子どもを苦しめたいと望んでおり、あなたが苦しい状態であるのなら、それはあなたが望んでいます。疾病利益は必ずあります。疾病利益をはじめ、いろいろなことを自覚するために精神分析をさせていただきます。もちろん、食生活など日常の環境の問題からも原因を探していきます。

紹介する動画は、「内海式構造精神分析とは何か」ということを理解できると思います。見ていただけましたら幸いです。

内海式構造精神分析法

内海式構造精神分析法

整体くららでは、すべての症状には精神が関係しているとお伝えしています。症状だけをみて、身体だけをみて、薬や医学で対処している現代医療では限界があります。実際に、それだけに頼っておられる方で治っている人は少ないのではないでしょうか。多くの方がずっと治療中、もしくは、定期的な治療を永遠と繰り返しているのが現実です。

精神に向き合ったり、生き方考え方や、自己の家族関係、家族問題に向き合うことはつらい場合の方が多いです。すべてと言ってもいい。それでも薬に頼ったり病気で苦しむよりも、自分自身に向き合ってほしいと思い、私自身、トラウマを開示しました。

内海聡医師から学んだ精神分析法は、情報を開示しないと解釈が変わってきたりもします。少ない情報よりも多いほうが、どうしてその病気になっているのか、どうしてその状態なのか、問題の根本が明確になってきます。ですから、なるべく開示してほしいのです。そのためにも私も開示しました。クライアントの話された事柄は大切な情報なので外に出すことはありません。

自分自身に向き合いはじめた方は解釈が進むので、生き方や考え方が変わり、結果、人生の歩みが変化してきます。人生に大きな悩みを抱えておられる方にこそ体験してほしい精神分析です。

認定セラピストとして夫婦で活動しています

認定セラピストとして夫婦で活動しています

少し忙しくしており、ブログがお久しぶりになってしまいました。

整体くららに来られた方は、精神疾患の方が多いです。そして、私がいつもいうことは、「精神の問題は自己の精神に向き合うしかない」と伝えています。すべての患者の共通点は、問題があってその困った症状が出てきたという点です。問題に直視できず、過去の問題、生き方、考え方、現実の問題に向き合わずして、何も変化は訪れません。

まずは、この土台がなければ前に進めることができないので、推奨している書籍を読んで欲しいのです。
推奨している書籍はこちら

精神の問題は精神でしか解決されません。当たり前のことであり、薬では何も、根本解決できません。状態をややこしくするだけです。向精神薬を服用し続ければ困った状態になるだけです。そうではないでしょうか。向精神薬を飲み出した方で治った方を見たことはないです。むしろ、状態は悪化したり、治らずずっと薬を飲み続けています。これが精神科の闇であり、現実なのです。

このたび、NPO法人薬害研究センター内海式根本療法認定セラピストを合格し、夫婦で認定セラピストとして活動をはじめました。
認定セラピスト一覧

夫は一期生で私は二期生です。真剣に自己に向き合いたいと思われる方に、私たち夫婦も向き合い、相談に対応させていただいております。

精神疾患だけではなく、病気全般でいえることは、その状態を作り出しているのが本人自身であるということ、そのことを理解できるようお話させていただいています。

整体塾の師匠とZOOM対談をしました

整体塾の師匠とZOOM対談をしました

整体塾の師匠、西田先生と昨日ZOOM対談いたしました。

私がうつになった時のことや、向精神薬の断薬のきっかけや、整体塾に参加した動機など話させていただきました。

うつだった時は明確な疾病利益がありました。夫に甘えられる、注意を引きつけられる、目の前にある問題を考えなくていい、考えたくない、やりたくないことは病気を使って断れる、わがままが言えるなど。もっとあると思いますし、1つではないです。

最近、振り返って思ったことは、病気を使って反撃や逆襲をしていたのかなとも思えてきました。「何かおしくない?」って感じてはいましたが、その「何」が分からず、言葉にできず、病気を使って体現していたように思えます。必ずその病気には利益が隠れています。

私もうつだった時は本当に苦しく、本当に死にたくて、デメリットしかなかったと当時は思っていましたが、はじめて疾病利益によって自分がうつを作り出していたんだと思えた時に、うつは治っていきました。もうやめようと思い、やめれたのです。薬をやめれたのです。一時間ほどの対談ですが、視聴していただけましたら幸いです。

https://vimeo.com/447241451/6f88d70d9e